1日あたりの糖質量の目安

スポンサーリンク

ついに1日あたりの糖質量に言及している文章をみつけました。

私が糖質ゼロを目指すのを辞めたのは、脳はケトン体を利用できるけれどメインエネルギーは糖質であることと、赤血球は糖質しか利用できないことからです。

その他、筋肉も糖質をエネルギーとして溜め込もうとします。

インスリンによって血糖値を下げるために、糖質を脂肪に変換するだけではなく、筋肉や赤血球や細胞への糖質の取り込みを促進します。

脂肪に変換するところだけを見ていてはよくないですね。

私はこれらの働きが、糖新生だけで全てまかなえるとは思えませんでした。

Vanillaさんも、糖質ゼロを目指す断糖肉食はアトピーを悪化させるとおっしゃっていました。

(私が血糖値に注目してるのは、高血糖は血管内皮を痛めるからです。)

しかしながらMEC食や断糖肉食でアトピーが軽快した治ったという話も多いですけどね。

その人のアトピーの“主な原因”が栄養欠乏だったということかもしれません。

私は自分の体感で、必要な1日あたりの糖質量は100~200gくらい・・たぶん150gくらいまでのあたりじゃないかと思っていました。

100gでは、けっこうギリギリな感じがして、200gでは多いと思っていました。

脳と赤血球(と筋肉)が、1日にどのくらい
糖質を必要とするのか、どこかに書いてないかなぁと・・

するとこんなのを見つけました。

上限を130gとした根拠はこうです。細胞は一般にブドウ糖と脂肪酸という脂をエネルギーにできますが、血液中にはブドウ糖だけしか栄養にできない、赤血球という細胞があります。また、脳には血液脳関門という障壁があって脂肪酸が入ってこないため、脳はブドウ糖を使いたがります。赤血球と脳が1日に使うブドウ糖の量を足し算すると、大体130g程度になるのです。つまり、1日130g程度の糖質であれば人間は体内で、特に苦労なく消費できるということになるのです。

(引用元はこちら)

提唱されている山田悟医師は糖尿病専門医のようです。

ゆるやかな糖質制限ということでロカボと言われています。

実際には130gより、もうちょっと摂っていい気もしています。

130gだと、まだ制限がきついような気がするからです。

果物はおろか、根菜の摂取も気を付けなければいけないかもしれません。

私は根菜も必要だと考えています。

それに、糖質が多くても血糖値が上がらない糖質もあります。(麦飯など)

食べ方を工夫すれば、血糖値を急上昇させずに糖質が摂れるとも思います。

なので糖質量130gさえ超えなければ、なんでも食べていいとは思ってないです。

例えば、高GI値の白米を食べれば急上昇です。

同じ高GI値でも人参は、1度に食べる量は少ないでしょうし、他の野菜なども一緒に食べるでしょうから、急上昇するとは限らないと思います。

でも、一つの参考として、とってもありがたい数値です。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA