2)活性酸素対策に、抗酸化ビタミンを摂る☆ビタミンB2、A

スポンサーリンク

前回の続きです。

今回はビタミンB2とビタミンAについて。

まずはビタミンB2から。

ビタミンB2は、皮膚や粘膜の健康を維持するビタミンで、三大栄養素のエネルギー代謝にも深くかかわる栄養素です。

多く含む食品は、レバー、うなぎ、卵、納豆、まいたけ、乳製品、葉野菜などです。

腸内細菌による産生もされています。

1日の食事摂取基準は、以下の表のとおり。

ビタミンB21日摂取量

私の場合は1.2㎎ですね。

わたしはレバーは食べないので、よく食べるものといえば・・

  • ゆでたまご2こ(120g)で0.48㎎
  • 豚肉100gで0.13㎎

合計で0.63㎎は確実に摂っていると思われますが、足りないですね。

乳製品を辞めてしまったのでなおさら。。

腸内細菌が作ってくれてるとありがたいのですが。

 

 

次にビタミンAを見てみます。

ビタミンAは、発育促進、肌の健康の維持、視覚の暗順応、粘膜の保護など、多岐な働きを持ちます。

一日の食事摂取基準は以下の表のとおり。

VA1日摂取量

私の場合で700㎍REです。

ところで、ビタミンAは、大きく分けて、動物性食品に含まれるレチノールと、植物性食品に含まれるβカロテンがあります。

この2つは吸収率に大きな差があります(βカロテンは調理法でまた変わる)

㎍REは、この2つの違いを分かりやすく表す単位として使われています。

  • レチノール1㎍=βカロテン12㎍

つまり、1㎍RE=レチノール1㎍=βカロテン12㎍

と、なります。

ビタミンAが多く含まれる食品は、レバー、うなぎ、あなご、しそ、モロヘイヤ、にんじん、卵、ほうれん草、春菊、生クリームです。

ビタミンAで有名な野菜のにんじんは、100gあたり680㎍REふくまれています。Mサイズ1本(146g)で992.8㎍REも含まれます。

よく食べる卵は、2個(120g)で、168㎍REです。

豚肉100gあたりは10㎍RE(全然ですねw)

かぼちゃ100gで330㎍RE含まれます。

乳製品を食べない断糖肉食なら不足しそうですね。

緑黄色野菜をしっかり食べれば確保できそうです。

ちなみにビタミンAは脂溶性ビタミンなので、体内に蓄積されるので、毎日きっちり摂取する必要はありません。

 

 

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA