副腎について3~アトピーからみたカフェイン摂取

スポンサーリンク

▽▽副腎シリーズ▽▽
副腎について1
副腎について2~アトピーからみたビタミンCの摂取のしかた

人の体はストレスを感じると、アドレナリン、ノルアドレナリンとともにコルチゾールを分泌します。

「抗ストレスホルモン」です。

アドレナリン、ノルアドレナリンが一過性であるのに対して、コルチゾールはその効果のレベルがなかなか下がりません。

それにコルチゾールは、貯蔵量に「限界」がありますから、いつまでもストレスをコルチゾールで対応し続けることはできません。

なので次々とストレスが襲ってくると、コルチゾールを分泌し続けることになり、副腎は一気に疲弊します。

このときにストレスに対抗するエネルギーを求め、甘いものやカフェインを欲します。

しかし、この行動は根本的な解決にはならず、むしろ副腎をさらに痛めつけます。

疲労した副腎に、さらに鞭打って働かせることになるからです。

アトピーにカフェインの“刺激物”はよくないといいます。

“刺激物”と言われると、いかにもチクチクと痒みを誘発しそうでアトピーによくなさそうですけど、理由はこんなところにあったのですね。

副腎疲労という症状があります。

主な症状は、「疲れがとれない」「極度の疲労感」です。

コルチゾールの分泌過多で、ストレスに対抗できなくなってしまったのですね。

この場合の一番の解決法は、「休むこと」「寝ること」です。

副腎の回復を助ける栄養素を摂ることです。
(参考→副腎について1)

そして副腎疲労の人は「ナトリウム不足」で「カリウム過多」なことが多いそうです。

なので塩水を飲むこともいいそうです。
(↑なぜこうなるのかわからなかった)

ここで私は菜食ってカリウム過多になりやすいんじゃないかなぁと思いました。

また調べてみたいと思ってます。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA