2)便秘解消法【決定版】~食物繊維は効果なし?

スポンサーリンク

やはり便秘解消については関心度が高いですね~

アクセスがいつもより多いみたいでした。←詳しい見方わからんw

マクロビなどの菜食系にしろ肉食系糖質制限にしろ、食事法がなんであれ、「アトピー」というものには便秘解消が必ずキーワードになりますね。

 

簡潔にサクッと書ければいいのですが、そんな文章力もなくw

時系列に書いていきますので気になる方は続き待っててください~

 

 

さて、続きです。今回は食物繊維について書きます。

便秘解消するには、必ずと言っていいほど「食物繊維を摂ろう!」と言われます。

その食物繊維にはどんな種類があって、どんな働きがあるのか?

 

大きく分けて、

  • 不溶性食物繊維
  • 水溶性食物繊維

があります。前者は水に溶けないもので、後者は溶けるものです。

 

どっちも大事なんですが、この食物繊維・・私的に便秘解消に目に見える効果はないと感じます(笑)

 

不溶性食物繊維は、水に溶けないので、とにかく便のカサを増します。カサが増えると、必然的に体は出そうとするので、不溶性食物繊維を摂ることは大事です。

しかしながら不溶性食物繊維は、いくら摂っても便を固まりにしていくだけだと感じます。

とにかくカサが増える・・よくくも悪くもこれに尽きるという感じ。

そしてもうひとつは、以前記事に書いたことがある【腸肝循環】で排出されにくくなっている脂溶性の有害物を絡めとって排出する働きがあります。

 

 

そして水溶性食物繊維の働きですが、こちらは腸内細菌のエサとなり短鎖脂肪酸が産生されることで、腸内が酸性になり悪玉菌の繁殖を防ぐほか、大腸のエネルギー源になります。

悪玉菌の繁殖を防ぐことは、腸内で有害物が発生することを防ぐし、大腸にエネルギーを供給して動きをよくしておくことは便秘解消のためにも重要に思います。

 

・・し・か・し・・!!

個人的な体感では、水溶性食物繊維といえば海藻類ですが、海藻類で摂取するのは量的に限界があります。

手軽に摂れる水溶性食物繊維の塊である寒天を、スープに溶かしたり糸寒天をそのまま炒めものに混ぜてみたりしましたが、目に見える効果をありませんでした。

 

個人的な考察では、不溶性であれ水溶性であれ“食物繊維”はヒトが消化できるものではありません。(ヒトの消化酵素で分解されず、食物繊維を分解するのは腸内細菌です)

それは腸内細菌にとっても同じようなことが言えるのではないでしょうか?

 

食物繊維は、炭水化物に分類されるものです。糖が一つの単糖類(例えばブドウ糖)まで分解してヒトは栄養素として吸収できます。他に糖が2つ結合したショ糖などの二糖類や、糖が2~10個程度つながったオリゴ糖などがあります。デンプンは糖がもっとつながっています。食物繊維はもっともっと多数の糖がつながっています。

このつながりが長ければ長いほど消化されにくいのですが、消化酵素の影響も受けますから、つながりが長くても分解できる糖(デンプン)もあるし、短くても分解されにくい糖(オリゴ糖)もあるのです。

糖質.PNG

(画像引用元:http://www.asadaame.co.jp/recipeclub/products/health/tou.html)

 

ながーーくつながっていて消化に時間がかかるということと、食物繊維に関してはヒトは消化酵素を持たないから分解できないのですから、いくら腸内細菌が分解できると言えど100%分解できるのではなく、その働きには限界があるのではないでしょうか?

「実は分解できない」ということではなく、「分解には時間が必要」ということです。

しかしヒトは早くて1日後には便で出してしまうので、ヒトの体に便があるうちに分解できる量はそんなに多くないのではなかと思うのです。

 

調べてみると、腸内細菌が食物繊維を分解して得るエネルギーは、カロリー換算でわずか0~2kcalとありましたから、やはりそんなに分解できるとは思えないのです。

 

 

というわけで、食物繊維が便秘を解消する力は思うほど「ない」のではないかと思うのです。

 

次は「便秘には“水分が足りない”は本当?」です。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA