手作りスキンケアクリームの驚きの効果*アトピー*敏感肌

前回のお話しは→こちら

 

このクリームを使い始めて、不思議な現象がありました。

作る以前、肌に塗るのなら、「できるだけ飽和脂肪酸が多いオイルを使用したほうがいいんじゃないか」と考えていました。

私はアトピーの原因の一つが過酸化脂質の排泄だと考えているので、酸化する可能性のあるオイル(過酸化脂質になる可能性のあるオイル)は少しでも少ない方がいいと考えていました。

なので長らく、飽和脂肪酸が98%のココナッツオイルを塗っていました。確かに、べたつかず塗り心地がよく、十分満足していたのですが、言葉にならない感覚がありました。

 

続きを読む 手作りスキンケアクリームの驚きの効果*アトピー*敏感肌

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

低刺激手作り保湿クリーム*アトピー*敏感肌

前回の手作りクレンジングオイルの作り方は→こちら

 

今回は手作り保湿クリームを作りまーす( ´艸`)

保湿クリームと書いてますが、材料的にオイル100%なので、オイルと言ってもいいかと思います。

界面活性剤(乳化剤)もなしです。

ただ、材料がちょっと手に入りにくいかも・・・(;^_^A

でも、洗い流すクレンジングオイルと違って、肌にのせ続けるものなので、材料にはこだわりたく、このまま紹介します。

(出来上がりはこんな感じ↓)

続きを読む 低刺激手作り保湿クリーム*アトピー*敏感肌

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

低刺激手作りクレンジングオイルの作り方*アトピー*敏感肌

前回の続きです。

 

一概には言えないでしょうが、私が思う、アトピーさんが化粧品を選ぶ際に気を付けたほうがいい点として、

  • 合成界面活性剤

→皮脂膜を溶かし込み、皮脂とは違う脂肪酸組成を持つ油を混ぜ込むことで、脂肪酸や皮膚常在菌のバランスを崩す可能性があるもの。

 

  • 防腐剤や抗菌剤

→皮膚常在菌のバランスを崩すもの。法律で「未開封」で3年の品質保持が義務付けられているため、それなりの防腐力・抗菌力の高いものが混ざっている。

 

  • 「有効成分」と言われるもの。例)グリチルリチン酸2K、アラントイン、ビタミンC誘導体など

→意外に刺激性の強い成分かもしれないということ。

 

  • 天然成分

→天然成分ということは、かぶれやアレルギーを引き起こす可能性があるということ(ただし、天然の有効成分を活用できるというメリットも)

 

このあたりでしょうか。

抜けもあるかもしれませんが、もう御察しのとおり市販のものは選べないですよね(-“-;A …

 

これを考慮したら、「アトピー肌でもスキンケアやメイクをしたい!」とか「できるだけ肌にやさしいものを使いたい!」となれば、残念ながら自作するしか選択肢はなくなってしまいます・・・orz

 

 

ということで、今回は私が自作しているクレンジングオイルを紹介してみたいと思います。(水で流れるクレンジングオイルです)

 

続きを読む 低刺激手作りクレンジングオイルの作り方*アトピー*敏感肌

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

保湿の必要性は?~手作りスキンケア用品

クレンジングオイル、クリーム、化粧水を手作りしてみました。

 

脱ステを辞め、減ステを始めてから、スキンケア用品についてチマチマ調べたり勉強したりしています。

それまでは、天然の界面活性剤である石鹸が一番肌にやさしく、合成の界面活性剤は全て肌に悪いものだと思っていました。

ですが、そうでもないことがわかり、むしろ合成だからこそ洗浄力を落とした界面活性剤があることを知りました。(断言はしません)

 

界面活性剤とは、水と油の境目(界面)を均一に混ぜるという意味です。

すなわち乳化作用、洗浄作用を持ちますが、その界面活性剤はどの化粧品にも同じ種類のものを配合するわけではなく、いろいろ種類や強さがあります。

洗浄を目的とした強いものもあれば、乳液のように、肌にのせ続けることを前提とした弱いものもあります。

考えてみればそうですよね。食器用洗剤を顔の皮膚にのせ続けていたとしたら、そらーーーーエライことになるはずですw

 

今までは、ただ単純に、洗浄目的のものには配合量が多くて、スキンケア用品には配合量が少ないくらいの違いというイメージを漠然ともっていましたが、調べてみて、いろんなのがあるんだなぁーと思いました。

 

しかし恐ろしいのは、洗浄向けの強い界面活性剤をスキンケア用品に(配合量は少ないのでしょうけど)配合されていることもあるようです。

こういったことを見分ける知識を持つことは自分にとってプラスになるなぁーと思って、ちょいちょい勉強しています。

 

あと、驚いたことに、スキンケア用品に、抗炎症作用をもつ成分が配合されていることは意外と多々あるようです。

「保湿したほうが合ってる」と思っている方は、もしかしたら成分表示をよく見てみると、そういった成分が配合されているかもしれません。

抗炎症作用をもつ成分の中には、ステロイド様作用をもつらしいと言われているものもあります。

「保湿したほうが合ってる」のは、本当に保湿したから調子がいいのか、抗炎症成分は配合されているから調子がいいのか、よく見極めたほうがよさそうです。

 

続きを読む 保湿の必要性は?~手作りスキンケア用品

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

生理用品を改める~脱ケミカル!

昨日紹介した本で、内分泌かく乱物質について書かれた内容を読んで、自分でできることはなるべくしてみようと思いました。

 

先日受けたカウンセリングでも、鼠径部周辺のアトピーについては相談していて、それなら生理用品の見直しと、我が家はIH調理器なので電磁波対策はしたほうがよいと言われました。

電磁波対策とは電磁波防止エプロンのことですが、こちらは高いのと個人的な条件に見合うものがないため、まだ検討中・・・

 

鼠径部周辺のアトピーに悩んでいるのなら、その周辺に使うもの=生理用品や、腰部分に近いIH調理器には注意したほうがよいとのことですね。

崎谷先生やVanillaさんも上記のことについてはよろしくないとブログでも書いていますので、以前から頭にはあったんですが、内分泌かく乱物質についての知識があまりなかったり、生理用品については機能性の面などでなかなか柔軟に変えられなかったりしてました。

 

続きを読む 生理用品を改める~脱ケミカル!

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

3)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?~ヒトの皮脂の脂肪酸

前回の続きです。

皮脂(皮表脂質)の構成は、

  1. トリグリセリド(中性脂肪)41%
  2. ワックスエステル25%
  3. 遊離脂肪酸16.4%
  4. スクワレン12%
  5. その他

の順に多く、一番多くを占めるトリグリセリド(中性脂肪)には、様々な種類の脂肪酸がついているよという話を前回しました。

この脂肪酸には特徴があり、肌に合わない脂肪酸を塗ると肌荒れの原因になりかねないのです。

続きを読む 3)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?~ヒトの皮脂の脂肪酸

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

2)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?~脂肪酸の分類

前回の続きです。

前回、皮脂(皮表脂質)の主な構成成分は、

  1. トリグリセリド41%
  2. ワックスエステル25%
  3. 遊離脂肪酸16.4%
  4. スクワレン12%
  5. その他

とお伝えしました。

 

この中で一番多く占めるトリグリセライド(中性脂肪)はさらに細かくみていくことができます。

難しいけど、知ると化粧品選びが楽になると思うので、わかるとお得です☆

続きを読む 2)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?~脂肪酸の分類

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

1)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?

突然ですが、「皮脂」ってどんなものかご存知ですか??

 

え?アブラでしょ?って???

 

・・・( ^ω^)・・・

 

そんな知識じゃもったいないです(笑)

 

皮脂がどんなものであるか知れば、肌に塗布するべきものは何なのか、すごーくヒントになりますよ!

続きを読む 1)皮脂の組成から考える適切なスキンケアとは?

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

日本化粧品検定2級を受験しました

日本化粧品検定2級を受験してきました。

たぶん、受かっていると思うので書きます(笑)

本当は1級も併願受験したかったのですが、子どもの運動会が順延したら行けなくなり、決して安いとは言えない受験料を無駄にしてしまうので2級のみの受験としました(笑)

 

脱ステを辞めたので、スキンケアでアトピーをコントロールすることの是非を考えだしたことと、女性にとっては「アトピーでもしたい」という想いを捨てることができないメイクアップについて、どう考えていこうか・・としたところが受験の動機です。

感想としては「勉強してよかった」ですね!

内容的には1級の方が化粧品成分についてあったので、そっちのほうが興味があったのですが、2級も勉強になりました。

続きを読む 日本化粧品検定2級を受験しました

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

脱保湿って必要?

気温がいよいよ下がり、冷えてきましたね。

 

幼稚園のママさんが、

「手がカサカサー!」

と言ったのを聞いて、

 

自分だけじゃないんだな、

普通肌の人も乾燥する時期に入ったんだ

と思いました。

 

私も乾燥するようになりました。

 

脱ステは初めてなので、初めて知ったんですが、

夏と冬はこんなも違うものなのかと!

 

よくなってた手が、びみょ~に悪化した部分も。

 

だいぶよくなったので、水を素手で触る勇気もでてきて

そのこともあると思いますが。

 

さて、アトピー治療で「脱保湿」はよく聞くワードです。

 

脱ステしてみて、思うことがあったので書きます。

 

結論から言えば、

「無理して脱保湿することないと思うよ」です。

 

脱保湿も目的は、下がってしまった自分自身による保湿能力を再起させるためだと思うのですが。

 

脱ステを指導されてる先生で、脱保湿も行っている先生も多い中、言っていいものかとも思いますが、個人の感覚なので・・ちなみにエビデンスとかあるわけでなく、個人の体感による話です。

 

↑この先生方が、どのように脱保湿を指導されているのか、具体的な中身まで知りませんので、あしからず。

 

まずは患部の皮膚の状況をよくよく見てみることですね。

 

掻き壊してグジュグジュで、肉が見えているような患部なら保湿NGです。

(保湿したくとも滲みて塗れないと思いますが)

 

角質層がない部分に保湿する意味はないと考えます。

 

それよりも栄養たっぷりの浸出液を炎症部分に固めて治癒を促すべきです。

 

なのでできるだけ無意味な掻破はしないこと。

 

アトピーさんあるあるだと思うのですが、掻き癖ってありますよね。

イライラしたりしてて無意識に掻いちゃう。

 

そしてカサブタを剥くのがけっこう気持ちいいんですよね、あれは。

ついついやっちゃいます。

 

そういうのをできる限り我慢する。

個人的には気を紛らわせられる趣味があるといいと思います。

 

やめてほしいのは、「毒だし」と思って、むやみやたらに掻き壊すことです。

 

脱ステ初期の私がそうなんですが、掻いて浸出液をだせば出すほどいいっていう考えです。

 

今思えば、あれはちょっと宗教的というか・・・以下、省略ww

 

ふつうに痒い分は掻いていいと思います。

 

次に、炎症があっても、角質層ができている場合。

 

個人の体感によりますが、塗って滲みたり不快感がないなら塗っていいと思います。

ただし、合成界面活性剤の入っているものは使わないこと。

 

合界は、細胞間にある細胞間脂質を溶かしてしまい、肌本来の保湿機能を壊します。

そしてポリマー(ビニールのようなもの)で水分を保持しようとします。

これでは本末転倒です。

 

単純なオイルがいいと思います。

できれば動物性脂質。ラードとか馬油。

ヒトと脂肪酸組成が似ています。

 

炎症のピークが過ぎ、乾燥期に入ったら保湿していいと思います。

 

ここが脱保湿の考えと違うのかなーと思いますが、炎症がまだ残ってるのに保湿機能の回復までも狙うのは、ちょっとよくばり過ぎなんじゃ?と思います。

 

そんな、なんでもかんでも一気に回復しないだろーというのが個人の感想です。

 

それよりも、保湿して乾燥を防ぎ、乾燥からくる痒みや皮膚の無駄な亀裂を軽減して、治癒を促すほうに専念したほうがいいと思います。

 

手の湿疹がピークを過ぎた後しばらくまでは、脱保湿の考えで何も塗っていませんでしたが、試しに塗るようにしてみると、痒みも和らぐし、乾燥で入る亀裂も少なくなってよかったんですね。

 

保湿したほうが回復が早かったと思います。

 

炎症がわずかでも残っていると、それは皮膚としてきちんと出来上がってない状態ですよね?

 

それで毛穴からちゃんと皮脂が出てくるものなのか、かなり疑問です。

 

そして炎症が落ち着いてしまってから、脱保湿するなり、自分自身の保湿機能回復を狙えばいいんじゃないかと思います。

 

これにも思うことがあって、アトピーさんは「先天的にセラミドが少ない」ともよく言われますよね。

 

遺伝的に保湿能力がない人が、脱保湿をしたからって、ふつうの人の肌と同じ肌になるのでしょうか?

 

ここはある程度、自分の体質だと割り切ってケアしてあげるほうがいいんじゃないかと思います。

 

ずっと脱保湿じゃなくて、ときどき肌断食するとか

 

セラミドサプリ飲んでみるとか

(効果のほどは知りませんけど)

 

あとはなんだ・・・

 

自分がまだこの段階じゃないと思ってるので、対策はあまり考えてませんが。

 

ずっと自然療法で治したいと考えていた私がサプリを飲んでみるようになったのは、こういう考え方の変化からなんです。

 

自分の遺伝的体質を認めること。

 

サプリは天然型じゃないとか、製造過程とか、ちゃんと調べないといけないことはわかってますが、全て調べ上げてから始めようと思ったら、他に気になることはたくさんあるし、たぶん寿命終わっちゃうのでやってみながら考えてますww 効果なかったらやめるだけだし

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ