2)大悪化の考察~血液検査、アレルギー検査とリーキーガット

続きです。

今の状態がリーキーガットによるカビアレルギーなのではないかということを、昨日書きました。

遅延型アレルギーの検査結果はまだ出ていませんが、即時型の検査結果は出ています。

3年前の、ベジタリアンを辞めて半年後くらいに受けた結果です。

食べ物の検査は受けていないのでカビだけの結果を比較してみました。

続きを読む 2)大悪化の考察~血液検査、アレルギー検査とリーキーガット

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

汁がでたら消毒~黄色ブドウ球菌対策

どうやら私は黄色ブドウ球菌に弱いようです。

以前にも手が悪化したときに救われたのが「消毒」でしたが、今回も効果テキメンでした。

 

続きを読む 汁がでたら消毒~黄色ブドウ球菌対策

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

消毒療法20日目~落屑期・消毒はあまりしていません

新学期ですね~

なんだか生活リズムを戻すのにバタバタして・・

喘息の季節に突入したので、娘がヤバヤバです・・

さてさて。

手は順調に回復中。

掻いても悪化しない安心感はすごいです。

落屑の時期で、ポロポロポロポロ落ちてます。

指1本分でどんだけ落ちるんだよってくらい落ちます(ノ-_-)ノ

すこーし浸出液が出るところもあるけど、ほとんど出ませんし、出ても酸性水をシュッとしておきます。

薬指もサラシを外しました。

浸出液が出なくなったので、サラシを巻いても取れてしまうので自然と巻けないかんじに。

最初はタオルで擦ったとか、ちょっとの摩擦でヒエーッってなるくらい敏感でしたが、

乾燥するからでしょうか今は大丈夫そうです。

浮いてる皮はダントツ多いですが。

床に手をついて立ち上がるとかもできませんでしたが(皮膚が伸びるまえに裂けるので)

最近はそれも大丈夫になってきました。

皮膚が伸びても裂けないので、指をまっすぐ立てる~反らすことができるようになりました。

今気になるのが、肘の内側。

少しずつ荒れてきてます。

消毒してラード塗って、手入れしておけば悪化は防げそう(遅らせられそう)な感じもしますが、

今のところ足→手と、体の末端から治ってきてる感じなので、次にくるのかなぁ?こないのかなぁ?といったところです。

しかし肉食系糖質制限を始めてもうじき4ヵ月。

赤血球の寿命が約120日なので、血液レベルで私の体は、肉食系糖質制限食でできた細胞に入れ替わってきているはずです。

それでも激悪化がおこるのか!?

見ものですが、辛いので酸性水とラードでコントロールできる範囲はしつつ、様子見ですww

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

消毒療法13日目~消毒パターンと保湿

手が、やっとピークを過ぎたと確信が持てました。

もう皮膚の奥の内側からこみ上げる痒みやヒリヒリなどは、ほぼありません。

ただ、乾燥してて、あとは角質が入れ替わるだけかな。

保湿を再開しました。

元々は、どちらかというと脱保湿派。

自然に任せておいていいという考えでした。

でも最近は、アトピーという体質を考慮して、回復を助けられるものがあれば利用していいと考えるようになりました。

肉がむき出し状態とか、炎症真っ只中であれば、余計なことはしないほうがいいと思いますが、しみなさそうなら保湿はアリかと思い始めました。

無駄な乾燥は、(手の指の場合)無駄な亀裂を産み、激痛です。

保湿をすれば角質が軟らかくなるので避けにくくなります。

ささくれが無駄に布製品にひっかかって、痒みを感じる回数も減ります。

無駄に痒くなりひどくなるのを防ぐのです。

瘡蓋も剥がれにくくなるだろうし、回復の助けになるだろうと感じています。

ただ、やっぱり市販の合成界面活性剤やポリマーなどが入ってるのは反対ですけどね。

無駄な刺激になります。

私が使ってるのはラードです。

100均で空容器買ってきました(笑)

豚脂肪は化粧品よりも医薬品で使われることが多いみたいだし、ヒトの脂肪酸組成に近いみたいなので、それもあってかすぐ馴染みます。

食品グレードが大丈夫なのかは気になりますけどね・・

そして、消毒するときのパターンができてきました。

消毒療法は、いつ、どのくらい、消毒するのがいいのか詳しくわからなかったので、

やってみて体感で決めようと思っていました。

毎日、入浴の最後にイソジン消毒をして、あとは掻いて浸出液が出たら酸性水スプレーをするのが定番になりました。

もうそんなに浸出液は出ないので、消毒回数は減りました。

イソジンも、今ある30ml容器を使いきったら、いったん中断しようかと思っています。

サラシの薬指は、もうちょっと消毒を続けたほうがいいかもしれませんが・・

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

消毒療法8日目~どっちに転ぶかわからない

昨日、一昨日の1~2日で、手のあちこちが一気に10箇所近く裂けました・・

まぁ、小さいところもありますが、この避けるのって小さいのでもかなり痛いんですよね・・

そしてサラシ部分・・指の付け根の浸出液は止まりました。

が、薬指の付け根の関節はまだ浸出液がプツプツと・・

まぁ、消毒で効果があるのは、黄色ブドウ球菌とカビなどがいる場合だけなので、まだまだ元々のアトピーの炎症は続いているということかもしれません。

拳のところなんかはよくなったんですけどね~

右手の薬指とか、落屑が細かくなったけど、乾燥は相変わらずで治る気配はなさそうです・・

どっちかというと、やってよかったとは思ってますが、期待しすぎないほうがいい感じ。

でも感染症だった場合は、やらないと治るわけないので、やっぱり一度はやってみるのをおすすめかな。

手は角質が厚いので、ターンオーバーも時間かかるし、長期戦ですね(/ー ̄;)

でもなぁ・・

手が痛いなぁ(ToT)

早くビオチン療法始めたいです~
ブツ(笑)がまだ届かない~

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

消毒療法5日目~小指のサラシが外れそうかも

ついに小指のサラシが外れる日が近いかなと!

皮膚がうっすーーーいので、今日も保護のために入浴後にサラシまきまき。

でも、うまくとまらなくて、指からスポッと抜けちゃうんです。

何で抜けるかっていうと、巻き方が下手くそとかそんなんじゃなくてw

浸出液が止まったからです!!

・・って、サラシが外れると掻くハードルが下がるので、ちょっと掻いちゃって、根本のほうが少し浸出液が出て、またくっついちゃったけど・・

サラシは、悪化し過ぎた患部を強制的に掻かせないようにするし、ほんのり保湿効果もあって、症状を楽にしてくれます。

だけど、反面、感染症の点から見れば、保湿&保温は細菌の温床になりそうだし、できれば早くサラシを外したいと思っていました。

薬指も皮むけがちょっと落ち着いた気がします。

子どもの幼稚園も始まるし、包帯のようなものをグルグル巻いてると仰々しく、心配もされて面倒なので、早く外したいですー!

症状の回復傾向が見られない場合は、一度消毒してみるのは、私的にはアリ!です!!

浸出液が出始めたとき、最初から消毒をセットにしてれば全然違ったのだろうか・・

見た目やにおいによる印象の強さからかもしれないけど、イソジンは多少刺激があるし、酸性水のほうが気楽にトライできると思います。

同時に使ってるので、どっちのほうが効果があるとかはわからないけど私には有効みたいです。

でも、「食事をちゃんとしてる」という回復のためのベースがあるからこそ、消毒という補助がきいたのだと思っています。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

消毒療法3日目~落屑が細かい

どうかなー

どうなのかなー

確信には至りませんが、いい感じなのかなーと思っています。

消毒始める前は、大きめの落屑でした。

地割れした感じがバリバリと剥がれる感じ。

それが、地割れという感じはなくなって、細かい落屑になりました。

痒いは痒いけど、マシになった気がする。

サラシ巻いてる薬指は、皮膚がなくて、軽く触れただけでヒリヒリしてたけど、今日はヒリヒリしなかったです。

今日だけなのか、どーか。

回復してる!って確信には至りませんが、経過を楽しみにしております。

足は、1週間~10日間隔で回復してたので、手もそのくらい様子みないとだめかな。

いろいろ脱ステブログ読んでみたりしてて、よくなる間隔が1週間~10日と同じこと書いてるブログみつけました。

もうどのブログだったかわからなくなったけどw

ちょっとうれしかったです(“⌒∇⌒”)

サラシのところは、浸出液が固まってくっついてるので、入浴最後のイソジンしかしてません。

他の部位は、朝は酸性水をふきかけてます。

あとは掻いて浸出液が出たときにも。

どのくらいの頻度でやればいいのかイマイチわかりませんが、酸性水は安全性が高いようなので何度でもよさそうです。

でも水分かけると、乾くときに肌の水分もってかれちゃうので乾燥が激しくなる気がする・・

それがちょっとツラいです。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

(追記あり)消毒療法1日目~皮むけが減る

今年、アトピーの原因が黄色ブドウ球菌が増殖することだったというようなニュースがあったのをご存じですか?

あのニュースが流れたとき、それって根本原因じゃないし!と煙に巻いたのですが、前回の記事
に書いたように、ステ以外の対処療法を考えてみたら、消毒するという方法があったんですよね。

強酸性水とかって聞いたことないですか?
イソジン消毒とか。
ハイター風呂とか。



(メーカーHPより借りました)

アトピーの患部で浸出液が多い場合は、黄色ブドウ球菌がたくさんいます。

黄色ブドウ球菌が毒素をばらまき、栄養いっぱいの浸出液をエサにしてバンバン増殖します。

なので、本来のアトピーの炎症はまだ小さいのに、黄色ブドウ球菌のせいで激悪化してる可能性があります。

ニュースで黄色ブドウ球菌が原因と発表されてるので、これを正しいとするなら、なかなか治らないアトピーに消毒療法は有効かと考えます。

黄色ブドウ球菌の悪循環を断ちきって、食事が合っていれば、快方に向かうはずです。

やっぱり角質層のターンオーバーから考えて、1ヵ月も症状が変化なかったり悪化してたりというのは、今のやり方が合ってないということだと思います。

それと、もう一つは、カビの可能性があるらしい。

カビアレルギーではなく、皮膚にはえるカビ。

これは見た目ではほぼわからず、医者でもわからないのでステロイドを処方してしまうそうです。

ヘルペスと同じで、カビのような真菌のものにはステロイドは効かないどころか悪化します。

ステロイドは免疫を抑える薬なので、どんどん菌が育成されてしまいます。

バリバリと皮むけが止まらないとか、皮膚がうっすら白っぽいとかいうときは可能性があるらしいです。

血液検査でカビの数値が高い人も試す価値があるみたいです。

アトピーの渡米治療をされた方のブログを読んでいると、アメリカでは感染症対策を非常に重視してるのがわかります。

残念ながら日本では、感染症対策は全く重視されてないようです。

強酸性水を使った治療をしている皮膚科を探すのも難しいでしょう。

(うちの行けそうな範囲にに1箇所ありましたが、車で行っても遠いうえ、子連れで長い待ち時間を過ごす勇気なし)

私は浸出液がある上、ガビガビと皮膚が剥がれるし、黄色ブドウ球菌とカビの両方の可能性があると考えて試してみることにしました。

強酸性水はネットで注文中でまだ届いていませんが、イソジン(うがい用でなく傷薬のほう)をすぐ買いに行って、入浴後に試しました。

洗い流さないといけないので、強酸性水が届くまでは1日1回しかできませんが、たった1日で手の指の皮むけがマシになったと思います。

・・ガーン(|||´Д`)
カビだらけの手だったのか・・

あんなに剥けそうな皮を探していたのに、あんまりない・・ww
 

ちなみにイソジンはしみません。

サラシ部分をするときはかなり緊張しましたが、空気に触れるだけでも痛いくらいなのにほとんどしみませんでした。不思議。

ちょこーーーーっと、当たりが悪ければしみたかな?程度。

でも、あんまり長時間するのは嫌な予感です。

原液でいいみたいなので、そのまま使いましたが、怖いなら薄めてやってみるといいです。
(お風呂の最後なら濡れてますしね、私はこの状態でやりました)

強酸性水に比べると刺激性があるので、塗布後1分くらいしたら、よーーーーくすすぎます。

2~3日やってみて変化がないなら止めればいいし、イソジンは高価なものではないので気軽にやってみてます。

アトピーの人は、ほとんどが汗アレルギーでもあるそうなので、汗をかいて痒くなったときにも強酸性水は有効だそうです。
(イソジンは色がつくからね)

それと黄色ブドウ球菌やカビの拡散防止に毎日枕カバーを変えて、手の水濡れ防止に使ってたビニールの使い捨て手袋もマメに捨てることにしました。

今まで中が濡れるまで同じのを装着してたのですが、汗で蒸れたりもしてるのでやめてみます。もったいないけど仕方がない。

あ、あと、この消毒はやたら何回もするものではないです。皮膚の常在菌(いい菌)も殺してしまうので。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ