脱ステ時の患部の変化

スポンサーリンク

私は、今回の脱ステが初めてです。

今まで脱ステしようと考えたことがなかったのいで、左手の炎症がきつい今、脱ステ経験者のブログを読んでみたりしています。

脱ステすると、患部の経過は、

浸出液



乾燥・落屑

治癒

らしいです。

黄色い浸出液はステロイドの排出だそうです。

私は、ステロイドは酸化コレステロールとなって蓄積するという説は、よくわかりませんが。。。

浸出液の期間は1~2ヵ月だそうで、これらを正しいとするなら、私はまだ脱ステを続行すべきだな、と。

浸出液の処理のしかたなど、脱ステに知識がなさすぎたので知らなかったのですが、サラシやガーゼをまくというのは正解のようです。

ベタベタして不快極まりないので、必然的にそうなるのでしょうけど・・・

ちょっと脱ステに関する知識をつけようと、ブログ読み漁ったりしております。

浸出液の時期が終わるのが待ち長いな~・・

今は右手を中心に使って生活しているのですが、その右手の親指が悪化していきてるので危機感を感じています。

お盆で夫の実家に帰省するので糖質が心配だな・・・(´д`|||)よくお寿司がでるので・・

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA