果物を摂るようになって&生化学のお勉強

スポンサーリンク

今までしてきた食事にプラスして、果物を摂るようになったら変化がありました。

前にちょっと書いてはいるのですけど、やはり肌質がよくなりました。

さとう式リンパケアで毎晩頬を撫でるのですが、

フェザータッチで撫でても多少肉が動くような感じがあったのに(皮膚が薄いというか)

肉が締まって動かない感じになりました。

想像ですが、ヒアルロン酸などがきちんと合成されて弾力性が増したのかなと。

年齢によりヒアルロン酸(ムコ多糖質体)は生成されなくなってくるので、

私はその原材料の不足によって生成されておらず、肌年齢があがっていた状態だったのではないかと思います。
(わかりやすくいうと、たるんでいたとでも言えるか)

ちゃんと保水できるようになったからなのか、肌色もよくなりました。

今、生化学の本を読んでいるのですが、これを
読んでいると糖質ゼロの危険性がわかる気がします。

糖質ゼロはかなり効率の悪いエネルギー生産です。

一番エネルギーを作るのに効率のいい糖質を摂らないので、最終的にタンパク質からエネルギーを作り始めます。

これがどういうことかというと、筋肉を分解し始めるのです。

確かに糖新生によって糖を作り出すこともできますが、とても糖新生だけで追い付くとは思えません。

筋肉を分解しているということは、基礎代謝はどんどん落ちていきます。

しかも、糖代謝の解糖系やクエン酸回路を使わないことによって、糖をうまく処理できなくなると書いてあります(笑)

どんどん老化していますね(笑)

まだインプットした知識をうまく整理できていないので、うやむやな説明ですが・・
(本も読み終わってないし)

本を読んでいるとダイエットの観点で言えば、カロリー収支をマイナスにするしか痩せられないようです。

でもカロリー制限により、摂取カロリーを減らすと筋肉分解が始まってしまうので、運動は避けてとおれないようです。

個人的には、太りもしない痩せもしないギリギリのカロリーを摂取しつつ運動するのが一番効率がいいのかな?と思いますが・・

難しいですね。

菜食や肉食系糖質制限食で、さらに痩せにくい体質を作っていたとは、不健康に自分で追い込んでいたようでショックであります(◎-◎;)

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA