見えない添加物よりも必要な栄養を優先する

スポンサーリンク

肉・卵・チーズの摂取によって
栄養の満たされる身体の感覚、

菜食でアトピーを治そうとして
頑張ってる人に体感してほしいです。

頑張らなくても
甘いものを我慢できる感覚。

からだにとって
本当に心地いいことならば
頑張らなくても自然とそういう流れになるんだなと

しみじみ感じてます。

快が快を呼んでる感じです。

MEC食を始める前、
悩んでたことがありました。

それは
「うちの家計では牧草食べて育ったような(オーガニックの)肉は買えない」ってこと。

菜食してたのもあって添加物を気にするので、抗生剤や穀物を食べて育った、いわば不自然なお肉の危険を危惧していたのです。

それでも、とりあえず始めてみました。

そしたら答えがでました。

「スーパーのお肉がBESTでなくても、動物性タンパク質と脂質は必須」なのだと。

添加物よりも、必要な栄養を摂取するのが大事ということ。

「添加物があるから動物性を摂取しない」のは、本末転倒なんだなと思いました。

もちろんスーパーに並ぶ食べ物の中で、できる限り添加物が少ないものを選ぶのは必須です。

動物性に栄養があるからって、添加物山盛りのものをバクバク食べていいってわけじゃないです。

動物性は【“必須”アミノ酸】、【“必須”脂肪酸】が摂れるんです。

いや、摂れるんですではなく、

摂らないといけないんです。

1週間でいいからやってみてほしい。

お腹も空かないし、
甘いものもそんなにほしくない。
最初は腸内環境の変化に時間が必要だけど便秘もならないです。

今の私の食事は完全MECじゃないけど動物性の大事さをすごく感じてます。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA