【ワキ&鼠径部】ワキは大きな瘡蓋がなくなりました

スポンサーリンク

 

こまごまとした瘡蓋はまだあるものの、大きな瘡蓋はなくなりました。

 

ワキのほうが早くおわりそうです。

大きな瘡蓋はなくなり、細かいのはあるものの、

衣服のワキ部分のストレスもかなり減りました。

 

皮膚もだいぶやわらかくなり、手触りもいいかんじ。

痒みのほうはまだありますが、掻いても悪化しないので精神的に楽です。

 

掻いて悪化する時期があるのと、掻いても悪化しない時期があるということは、やはり必要があっての炎症だと感じますね。

ステロイド使ってると、こんなことはわかりませんでした。

炎症きつくなると薬で抑えてしまうから、体の自然な反応はどのような経過をたどるのか見られなくなっちゃいますもんね。

(どっちがいいとか悪いとかいうわけじゃないです)

脱ステ半年すぎくらいまでは、いつ炎症がおさまるのか見当がつかないから、いつも怖くて余計なストレスも多かった気がします。

私の場合は、約2カ月スパンで波があるようなので、「2カ月我慢すればなんとあなる」とようやく信じられるようになったかんじです。

波がくるたびにヒーヒーしますが、おさまるときが必ずくると思えるだけでもありがたいです。

(毎回、自分なにやってるんだろう・・という気持ちにはなりますけどね・・)

 

鼠径部のほうは、まだかかりそうです。

だいぶ大きな瘡蓋も減ってきていますが、まだ赤い傷があり、まさに擦り傷のような状態です。

最近は、更新頻度から感じてもらえるかと思いますが、ちょっと夜更かししてブログをがんばりすぎたようで、睡眠不足が修復の邪魔をしてるようです(;^_^A

子どもが春休みなので、夜更かししても早起きの必要がないから、ついついPC触っちゃうんですよねぇ。。ww

昨晩は眠かったのもあって、夜更かしを諦めてさっさと寝たら、やはりいつもより修復されている感じでした。

PCさわっても0時までには寝るようにしようかなぁ・・

あ、ちなみに、よく22~翌2時はゴールデンタイムと言って、一番体が修復される大事な時間と言われますが、私はあまり気にしていません(笑)

もちろん、この時間にしっかり寝ていることが、肌にとって重要なのは体感でわかります。

ですが、あまりに時間に縛られてしまうと、「寝れたor寝られなかった」のジャッジに疲れてしまいますし、わたしの趣味は子どもが起きてるとできないようなことばかりなので、早々寝ちゃうと趣味もできない・・(;^_^A

まぁ、いい具合を取れればいいかなという考えです。

痒みで寝られないなら、無理に寝なくていいと思います。起きて楽しいことやって過ごしても全然OKだと思います。

症状が軽くなってくればまた寝られますから・・でも寝ないとなかなか治らないというのはあるけどねぇ・・難しい。。

 

お恥ずかしい話なんですが、鼠径部がかなり赤黒くなってしまいました(´;ω;`)泣

脱ステするってことは、掻きますから摩擦で黒くなるのは覚悟ずみでしたが、場所的にやっぱショックですよねぇ。。泣

ちょろっと調べてみるとデリケートゾーンは黒ずみやすい場所なんだそうな。ショックだなー

 

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA