【手】落屑期がぼちぼち終わりそう

スポンサーリンク

左手のサラシを外せたあと、落屑期に入っていましたが、それも終わる兆しが見えてきたと思います。

魚の鱗のように、ポロポロと落ちては再生されるの繰り返し。

皮が厚くなって薄くなるを何度も繰り返し、やっと厚くならなくなってきました。

毎日1~2回は剥ぎ落としていたと思います。

乾燥もしなくなりました。

唯一、左手の薬指の根元らへんが、少し炎症が残っているようです。触ったらムズムズ違和感あります。

だけど時間の問題だと思います。

薬指の落屑も減ってきているので。

ちょっと気になるのは、サラシを巻いていた小指。

手の甲側も一時期、皮膚がない状態でした。

皮膚が再生されたのはいいものの、突っ張って指が曲げにくくなりました。

掻いてるうちに、皮が伸びて、曲がるようになるかなと思っていましたが、あまりそんな様子もなく・・

もっと長期で観察すべきかもしれませんが。

何人かの、脱ステの経過画像つきで公開されているブログを見て比較しても、この食事は回復が早いと感じます。

部位ごとに悪化の時期にズレがあっても、1~2ヶ月でかなり落ち着く。

その中で一番の悪化してる時期は2週間~1ヶ月くらいと思います。

私の場合、酸性水で激悪化から好転したので、脚のときも手のときも、最初から酸性水を併用してれば、まだ早く回復したかもしれないですね。

でも、肌の細胞がある基底部から、角質層まで押し上げられるのに2週間かかるそうですから、これくらいはかかるものなのかもしれないですね。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA