薬の効果はすごい~抗ヒスタミン薬を使ってみた

スポンサーリンク

今日の午後、15:00に抗ヒスタミン薬のアレグラを飲んでみました。

以前、副鼻腔炎になったときに処方された薬の1つで、家の薬箱を見返してみたら数錠残っていました。

抗ヒスタミン薬が市販でもあるのかわからなかったので、検索から始めました。

薬の名前まで書きませんが、大きく分けて

・第1世代抗ヒスタミン薬
・第2世代抗ヒスタミン薬
・第3世代抗ヒスタミン薬

と別れているようでした。

特徴としては、

・第1世代のものは、即効性があるが、副作用として眠気がかなり強いこと。

・第2世代のものは、抗アレルギー薬とも言って、即効性はなく長期飲用が通常の使用方法であること。

・第3世代は、上記のデメリットを改善したもので、眠気を及ぼさない抗ヒスタミン薬です。

アレグラは第3世代のものになります。

アレグラ60mgだと、1日2錠服用できます。

ですが薬は薬なので、最少の服用で済ませたいので、痒みが増す夕方から効果が出るように15:00に飲みました。

アレグラでなくても抗ヒスタミン薬は飲んだことがあるはずですが、正直、効果を感じたことはありません。

なので、あまり期待はしていませんでした。

ましてや副鼻腔炎でアレグラを服用していたときは何も感じなかったので尚更。。

しかし入浴後、いつもはヒリヒリに耐えながら子どもを拭き上げてパジャマを着せ、

その後歯みがきや寝かしつけまでヒリヒリは続くのですが、

今日はそれがありませんでした!!ヾ(@゜▽゜@)ノ

すごい!!

ここまでとは思いませんでした!

改めて調べてみると、そんなに強い抗ヒスタミン薬じゃなさそうなんですが、、、

第1世代のものの中には、効果が強くて胃薬まで一緒に処方されるものもあるようなんですが。

しかもアレグラは安全性もけっこう高いようで、数年続けて服用されている人もいるようです。

まぁ、薬は薬ですので、早めにオサラバしたいところですが、数日は1日2錠しっかり飲んで炎症をしずめようかなとも思っています。

抗ヒスタミン薬は、効果があるないが人によって分かれるようなので、効果があったらラッキーだと思います。

※アレグラをすすめているのではありません。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA