体の栄養状態の回復には時間がかかる

スポンサーリンク

ここの記事に書いた食事に近づけようとしたのですが、思わぬ敵が・・

・・・空腹!!・・・(;´Д`)

計算上、1700kcalの20%なら、確か85g/1日の糖質が摂取可能なんですが、ここまでの量を摂っていないにもかかわらず、お腹が空く!!

野菜の調理が、この手では難しいので、全然達していないのです。

お腹が空くとどうなるかっていうと、なにか食べ物探してしまうわけです(汗)

たんぱく質摂取量も少し減ってしまっているので、たんぱく質が足りないか、

大幅に減った脂質が足りないか、

どちらかだと思うのです。

ここで糖質過食に戻ってしまうわけにはいかないので、お腹が空かないように調整が必要で、

そのために肉類か脂質を増やすとなると、1700kcalにおさめるのが難しくなります。

ケトプロ食3ヶ月目の始め、いろいろ迷っていたときにバターを減らしたときもそうでした。

お腹が空いて、これはダメだと思いました。

Facebookで、断糖肉食をされている方を何人かフォローさせていただいてるのですが、

肉を食べ始めて食欲が落ち着くまで、6ヵ月~1年を要したようです。

特に出産をした女性は時間がかかるようです。

それだけ子どもや授乳に栄養が必要だったんだと思います。

私も菜食&出産&アトピーが重なっているので、栄養が足りるまでに最低同じくらいの時間がかかるはずです。

もしくはもっとかかるかも・・

現に、食事の満足感も低下してます。

まだ3ヵ月しか経過してませんので、今の状態で糖質量を増やしていくというのは厳しいかもしれませんね。

たんぱく質や脂質を減らしてもお腹が空かなくなるまでは糖質摂れないと考えています。

牛乳の乳糖くらいでしょう。

体に摂っても有効な糖質は、ビフィズス菌のエサになる乳糖やオリゴ糖くらいのようですから、牛乳が飲めれば問題ないと思います。

それか太るのを覚悟で、1700kcal以上摂っていくかですね。

ある意味これ↑をやるとどうなるか気にもなる(笑)

でも脂質を白ご飯のようにパクパク食べるのは、どーも不自然なんじゃと思っていてやめたいのですよね。

調理にたっぷり使ったり、脂身の多い部分を食べたり、少しバターを添えるとかはアリと思います。

なかなか難しいです。

ビタミンAと抜け毛については別に書きます~

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

3 thoughts on “体の栄養状態の回復には時間がかかる”

  1. 2. Re:無題
    >痛くない美容整体師 佐々木嵩生(Syu Sasaki)さん

    カロリー完全無視は太るなーという体感なので、目安にしてます。あと少なすぎるのも・・1日の最低カロリーは摂らないとエネルギー不足になるので・・
    太るのが超絶嫌なので新たなストレスになるのも嫌なんですよね・・・(;´Д`)
    バターだとビタミンAで抜け毛だし(抜け毛減りました)ラードかなぁ・・
    http://ameblo.jp/atopic-gohan/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA