【鼠径部&頭皮】経過と、脱ステ医

スポンサーリンク

鼠径部は前回の経過更新から数日で浸出液は止まりました。

とはいえ今も少しは出ます。

ベタベタまではないけど、なんか蒸れるってくらい。

赤い湿疹ができていて、油断するとよくないだろうなって感じです。

もう数日で生理の予定なんですが、1週間を無事に過ごせるのか心配不安いっぱいです。

鼠径部や陰部アトピーに関しての情報はかなり少ないです。

それでも様々な検索ワードを思い付く限り入力して経験談を集めます。

中には浸出液で数時間で下着がビチョビチョで取り替えるとかいう人もいたり、私はそこまでないので、やっぱり脱ステって生半可な気持ちじゃできないなと思います。

何度も来る悪化に対処法もなく、ただただ耐えるだけ。

最初のリバウンドは当初のやる気で乗り越えられても、長期化してくるとやる気も薄くなりますからね。。

最初の足の甲や手の指悪化に比べたら、断然軽いはずなのに、もういい加減に救われたい救われたいと、ステが頭をよぎるし、それか家事育児すべて放棄して寝込みたくなります。

最初の1~2年はリバウンドはしんどい人が多いそうです。私はまだ7カ月・・

しかも重症アトピーじゃないのに・・

脱ステやってのけた人は本当にすごいです。

とはいえ、自分がやってみると、やはり突然思い立って脱ステがいかに無謀かというのはわかります。

何の対処法も知らず、ただ耐えるのにどれだけ精神力がいることか。

間違いなく鬱状態になれます。

でも対処法を事前に学んでおくなんて、たぶんほとんどの人が無理。

リアルタイムに我が身に起きないと、起きてもいないことに対処するための勉強なんてするはずないからです。

すると、やはり脱ステを指導してくれる人というのは必ず必要だと思います。

ただし、脱ステを指導してくれる人はかなり少なく、その方針が自分と合うかもわからない。

うちの近所に脱ステ派の皮膚科医はいるけれど、かからないのはそれが理由です。

脱ステ皮膚科医は、ステロイドは出さなくても他の薬は出すことが多いように思います。

それがいいことなのか悪いことなのかわからないけど、私の体感では、ただ脱ステしただけでは改善しないと思っているから。。

ステロイド以外の薬も、そのときの症状に一時的に対処するだけのものでしかないんですよね。

タンパク質を多くといっても、どんなタンパク質なのか。

プロテインがいいのか、ササミがいいのか、牛肉がいいのか・・私としてはタンパク質ならなんでもいいわけじゃない。

私が牛肉中心、サブで豚肉なのは理由がある。

医者も患者からこと細かに食生活を聞き出せるわけじゃないし、医者自身の当たり前と患者の当たり前は違う。

「肉が多め」といっても毎日100g食べる人が言われたら200gくらい食べるようになるかもしれないし、肉が苦手でほとんど食べない人が50g食べられたら、それはそれで当人にとっては多いはずです。

とうひは右側半分が痒く、3ヵ所くらいから浸出液。

髪の毛の根本は固まっちゃってます( ノД`)…

アトピーは左右対照に症状が出るのがお決まりだけど、頭皮は右側だけです。

初めての、ステロイド塗ってないところからの浸出液で、これからどうなるのかな。。

耳の調子はよかったんですけど、頭皮の悪化とともに、耳の裏側や耳たぶが痒く、やや湿っぽくなりもします。

耳は両方ともそんな感じで、左耳が切れてます。。

ここ最近はまたちょっと冷え込みがちで、身体も丸まってきちゃったんで、そういうところから循環が悪くなってきてるのもあるのかなぁと。

脳は60%が脂質でできているので、4年の菜食で不飽和脂肪酸だらけの脳が入れ替わり始めたのかなと。。

そう考えると、ステ使ってない頭皮からの浸出液は納得できる気がします。

最近またやり方をちょっと変えたので、また別記事で書きます~

ーーーーーーーーーーーー――ー

最近タブレットパソコン欲しくて検討していたのですが、高いのね!

狙ってるのは、Surface Pro4

ノートパソコン買ったほうが安いってゆーね。。

予算10~15万だったのですが、20万弱ですよ・・・(;´Д`)

まだ夫に許可もらってすらないですけどww

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA