マクロビでアトピーが改善した人

スポンサーリンク

以前、似たようなタイトルでこちらの記事を書きましたが、もうちょっと突っ込んで書いてみようと思います。

なお、私個人の経験や推測によるもので、根拠があるわけではありませんので、ご了承くださいませ。

私は肉食系糖質制限食でアトピーが改善されつつありますが、中にはマクロビオティックの食事法で改善された方もいらっしゃいます。

というより、現在のところ、マクロビで改善された方のほうが多数かもしれません。

というのはMECなどの断糖肉食の考え方が知られ始めてまだ日が浅いようですし、

私が断糖肉食を知り、このブログを始める頃、

参考にするために肉食系糖質制限をしながらアトピーを改善しようとされている方のブログを検索してみましたが、見つけられませんでした。

あるにはあったけど、写真つきでなかったりして、アトピーがよくなることがハッキリとわかるブログはありませんでした。

(だから私がやってみようとも思ったんですけどね)

マクロビ経験者なら、肉は血を汚す・酸性にするなどのイメージがしっかり定着してしまっているでしょうから、

そこから動物性を食べる勇気がなかなか持てないのもあるでしょう。

肉食したから治るという根拠があるわけでもないですから。

では、なぜマクロビでアトピーが改善するのでしょうか?

私は、個人の【糖質処理能力】と、【マクロビ以前の食事内容】が関係あると思います。

マクロビを始めると、マクロビスイーツのドカ食いがなければ、糖質摂取量は確実に以前の食事より減ります。

マクロビのおかずの味付けは、基本的にゴマ油と醤油のみです。

甜菜糖や米あめであっても砂糖類はほとんど使いませんし、みりんでさえも同様です。

素材の味を大切にする調理法は素晴らしいと思います。

対して一般的な食事は、味付けにみりんと砂糖を併用することも多々ありますし、その量も醤油と同量程度もしくはそれ以上使うのがザラです。

隠し味に砂糖を入れる、ということさえあります。

スイーツを抜きにした、基本の3食だけで糖質量は全然違います。

私は、マクロビでアトピーが改善した人というのは、【玄米菜食しながらマクロビスイーツを辞められた人】がほとんどだと思います。

スイーツを食べなければ、摂取する糖質量はかなり抑えられます。

肉も糖質も食べる一般的な食事よりも糖質量は少ないでしょう。

マクロビ(スイーツなし)で糖質量が一般的な食事を下回り、かつ、その人の糖質処理能力よりも下回っていれば、アトピーは改善すると思います。

だけどマクロビをしていてもスイーツを食べる場合、その糖質量はどうでしょうか?

スイーツは、甘くて当たり前ですから糖質量は多いです。しかも小麦粉や米粉です。

正確に計算したわけではありませんが、スイーツを食べない一般的な食事と変わらないくらいにはなるのではないでしょうか?

さらに経験から言うと、必須栄養素を摂らないマクロビは糖質中毒に陥りやすく、

一般的な食事は、糖質も摂っているけれど必須栄養素も摂っているので糖質の過食にはなりにくい。

マクロビスイーツを食べていては、一般的な食事をするのとあまり変わらないのではないでしょうか。

むしろ、長期でマクロビを続ければ続けるほど、栄養欠乏は進んで、ますます糖質中毒になると思う危険性すらあり、一般的な食事以下かもしれません。

はっきり言ってしまえば今の私は、マクロビより一般的な食事のほうがいいと考えています。

ですが、マクロビにもいいところがあると思っています。

それはデトックス的な要素です。

ビオチン療法の調査に伴い、不溶性食物繊維は、大腸の悪玉菌を排出する効果があることを改めて認識しました。

マクロビはあの手この手で野菜を調理する技術に長けています。

それに玄米を食べます。

不溶性食物繊維の摂取量はバツグンに多いと思います。

つまりは【腸内環境が悪い人の悪玉菌を、短期に、一掃することができる】と思います。

でも、不溶性食物繊維を大量に摂り、ドカンと悪玉菌を排泄したとしても、悪い食事(必須栄養素のない食事・糖質過多な食事)を摂り続ければ体は弱っていくし、腸内環境の改善にもならないと考えます。

なのでマクロビは、短期に、糖質中毒にならない程度に、集中的に行われるべきではないかと思います。

マクロビの指導者の中には、実践1年を過ぎたら、玄米を分づき米にしたり、バターなどの動物性を少し取り入れるように言われている方もいます。

こう言われるのは、長期的にマクロビをすると
栄養欠乏が進むことを感じているからではないでしょうか。

まだ記事にしてませんが、今の私は、動物性のものばかり食べていますが、黄土色に近い色の排便をしています。

(でもまだ工夫が必要です)

決して、悪玉菌のエサである肉を減らし、玄米などの食物繊維を摂ることでしか、いい排便をおこすことができないわけではないのです。

必要悪もあるわけです。

私は必要悪すら排除しようとする点で、ケトプロを卒業すること決めました。

しかしながら、以上のことから過剰な糖質がアトピーによくないことは明白かと思います。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA