最近の食事状況と、糖と油について

スポンサーリンク

厳格な糖質制限を卒業してから、3か月くらい経ちますかね・・

今の食事は、かなり普通食に近く、糖質制限とはほど遠いと言えるかもしれません。

 

 

糖質制限を辞めて、砂糖OK根菜OKとやってると、自分の摂取している糖質量が把握できなくなっています。

現在は100gはゆうに超えていると思いますし、200gを超えていてもおかしくないくらい摂っています。

糖質を主なエネルギーとする脳の消費量や、そのほかの部分で糖質を消費する量からすると、以前、1日130~200g超えないくらいは摂取しても大丈夫だと以前書きました。

 

パレオダイエットでは体感に任せてOKとしていますが、アトピーさんの場合、痒みのため自律神経が不安定になりやすく、またストレスから過食に走りやすい性質もありますので、体感に任せっぱなしはNGだと思います。

ストレスを感じると、そのストレスに対抗するためにステロイドホルモンが分泌されます。

このステロイドホルモンは湿疹の治癒に働くために分泌されたのではなく、ストレスに対抗するためのエネルギーを得るために分泌されます。

つまり糖新生が始まってしまうのです。

糖新生が始まるということは、タンパク質や筋肉の分解が始まってしまうということ。

 

アトピーにストレスが大敵だという説は、タンパク質の合成がうまくいかなくなってしまうからだと私は考えています。

 

そして、ここからは私の推測ですが、このタンパク質分解を抑えるために、アトピーさんは過食してしまうのではないかと思っています。

糖新生は本来、糖が足りないときに糖を作り出すために行われる活動です。糖を直接補えば糖新生が抑えられるのではないでしょうか?

なのでアトピーさんはよく食べる人が多いのではないかと思います。

それがむしろ自分自身を守るために無意識に行っていることだと思うのです。

 

最近、崎谷医師が(たしか)ブログで、糖由来で合成された脂肪には害がないと書かれていました。

崎谷医師のセミナーを直接受けたわけではないので言い切れませんが、崎谷医師はとにかく不飽和脂肪酸がよくないと考えられているようです。

脂肪肝と言っても、不飽和脂肪酸によってできた脂肪肝なのか、糖によってできた脂肪肝なのかによって大きく違うようです。

特に果糖でできた脂肪肝はいいと考えてあるようです。

 

アトピーさんは砂糖とくに白砂糖を毛嫌いする傾向にあり、私自身も砂糖を摂りすぎれば体が痒くなることがあります。

しかし糖質から合成される脂肪は、自分自身が作り出した脂肪であり、自分の体に悪いものを作り出すのはおかしいですよね。

悪い脂肪酸組成の油(不飽和脂肪酸)を自分の体に合うように組み換えなおされる脂肪は、摂取する油が悪いと合成に使えなかった脂肪酸(無駄に余ってしまった脂肪酸)がでてきそうです。(そしてそれが活性酸素と結合して暴れだす)

ヒトの脂肪酸組成は豚のに近いのですから、不飽和脂肪酸を大量摂取してしまえばよくないでしょう。

 

と、いうわけで、最近の私の食事は正直言って、ちゃんとしてるとは言えないと思います。「糖質制限」というキーワードは結構抜け落ちてしまっています。

穀物を食べないようにしているくらいで、その穀物も昼食限定でなら多少食べてしまっています。

 

もうちょっとちゃんとしたいなと思っていますが、上記のように糖質に対する考え方がかなり緩くなっているので、「食事法をしている!」という感覚が薄くなってしまっているんですよね。。いいことなのかもしれないし悪いことなのかもしれませんが。。

「食事法」というと、あるルールがあって、それが厳しい内容であればあるほど守れたときの達成感も感じられるのですよね。

私が糖質制限の中でも、最初にケトプロ食を選んだのは「一番厳しそうだったから」です。

厳しいことを乗り越えれば乗り越えるほど、自己満足に浸れるのですよね。

これはある意味危ない心理状態なのかもしれないと思っています。自分に満たされない何かがあるから、厳しいことを乗り越えた自分に付加価値を感じるのですよね。

一口100噛みの食事法も同じようなにおいを感じてしまいます。

 

 

ちょっと方向性がぼやけてしまっている最近ですが、とにかく守っていきたいのは、

  1. 不飽和脂肪酸(=植物油脂)の摂取を避ける(なるべく徹底的に)
  2. 糖質の摂りすぎに気を付ける(血糖値の急上昇)
  3. 2つ目を受けて、タンパク質&脂質&糖質をセットで食べる
  4. 毎日排便があるような食事内容にする

 

1の、植物油脂を避けるのってかなり難しいです。

市販のものはほぼ全滅です。砂糖を使ってないものを探すより難しいのでは?

アトピーで白砂糖をチェックしてる人は植物油脂にも注目してみてほしいです。

たいていものに植物油脂もしくはショートニングやマーガリンなどの加工油脂が入ってます。それで細胞膜が作られるんですよ~

 

先日スーパーで、スティックコーヒー(キャラメルマキアートとかおしゃれなものの)の原材料表示を見たら、ことごとく植物油脂が入っていて驚きました。

しかも表記の最初の方に書かれているので(配合量が多い順に書かれるので)、油を飲んでいるようなものなんだなぁと思い知らされた次第です。

これだったら自宅で砂糖たっぷりのカフェオレでも飲んだ方がマシかも(;^_^A

自炊をラクに継続する工夫が大事ですね~

 

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA