1)脂質の大量摂取を辞めたワケ

スポンサーリンク

ケトプロ食や断糖肉食ですすめられる、飽和脂肪酸の積極的摂取。

糖質をエネルギー源としないので、他にエネルギー源を作らないと餓死してしまうので当然の流れとも言えます。

白砂糖がアトピーさんに嫌われることと相まって、断糖肉食でアトピーをよくしようとする人には糖質を極端に避けすぎているように思います。

 

 

ケトプロ食をしていたとき、多いときで1日100gのバターを食べていました。

バターって、けっこうおいしくて食べやすいのですよ。

今でもついつい直に食べてしまうのは、ケトプロ食の名残です(笑)

断糖肉食をしている人たちは、コーヒーにバターを入れる「バターコーヒー」や、ホイップクリームを山盛りにする「水野スペシャル」、ラードをコーヒーに入れる「ラードコーヒー」が日常的に飲まれているようです。

バターを焼き海苔で巻いて食べる「バター海苔巻」やMEC食のレシピには「ラードスープ」とか。。。

私も経験があるので(笑)、確かに腹持ちもよく、意外とすんなり飲めておいしかったりします(笑)コクがあって、おいしいのですよ(笑)

 

私が脂質の大量摂取に最初に疑問を抱いたのは、ケトプロ食実践中の夏、異常な大量発汗があったことだと記憶しています。

ちょっと動くだけで、滝のように汗が出て、これはおかしいなと思いました。単に代謝がよくなったのかとも思いましたけど、異様でしたね。

それからバターの大量摂取&卵3個の食事内容のせいか、ビタミンA過剰と思われる脱毛が始まったので、バターの大量摂取は辞めました。

その後、ケトプロ食というよりMEC食寄りの考え方になり、次第に糖質の必要性を感じ、糖質の摂取を再開するのですが、エネルギー過剰になっては困るので脂質を減らした次第です。

体重がどんどん増えてきたというのもありましたし、このブログを前から読まれている方には、「体重増加を止めるため」に脂質の積極的摂取を辞めたと思われているかもしれません。

 

前置きがかなり長くなってしまいましたが、体重だけではないのです。

前から、不飽和脂肪である植物油を辞めて、飽和脂肪である動物性油脂に切り替えたほうがよいと言ってきました。

基本的に、スーパーで気軽に買える「ラード」か「バター」を使うことになります。

でも、このバターやラードには、飽和脂肪酸しか含まれていないかというと、そうではありません。ちゃんと不飽和脂肪酸も含まれています。

 

油脂の脂肪酸組成

Vanillaさんのブログより引用

主成分が何か?というだけで、動物性油脂には不飽和脂肪酸も入っているし、植物油脂にだって飽和脂肪酸も含まれています。

 

そして、Wikipediaのリノール酸の部分には以下のように書かれています。

日本人の食事摂取基準(2010年版)では、ω-6脂肪酸について1日9g前後の摂取が適正で、摂取上限は総摂取エネルギーの10%(22-30g)としている[8]

他方で、日本人のリノール酸摂取量は平均して13-15g/日で過剰にω-6脂肪酸を摂取しており、ω-6脂肪酸由来の過剰な生理活性物質の産生を防ぐために、代表的なω-6脂肪酸であるリノール酸摂取量を7-8g/日に制限すべきとの意見もある[3]。炎症性のあるロイコトリエンプロスタグランジンのようなアラキドン酸カスケードの原料であるω-6脂肪酸(リノール酸)の摂り過ぎとそれと代謝酵素が重複しているために拮抗関係にあるω-3脂肪酸(α-リノレン酸)との摂取バランスがこわれて過敏性が増加しアレルギーが惹起されやすくなっているとの報告もある[9]

 

1日のリノール酸(オメガ6)のの摂取量は7~9gがよいとすすめられているようです。

利用しやすいラードではどうでしょうか?

100gあたりの脂肪酸量ラード.PNG

油脂類の脂肪酸成分表 より一部引用)

すいません、項目名が切れてしまいましたが、「n-6系多価不飽和」の項目で、9.35gのところですね。

ラード100g食べると、オメガ6系油脂は、1日の摂取基準量を超えてしまいます。

栄養計算サイト、カロリーSlismによると、豚肉100g(部位にもよるが)あたり34.6gの脂質が含まれるので、約280gの肉を食べれば取れてしまうという計算ですね。

MEC食では、1日あたり肉200g、卵3個、チーズ120gが推奨量ですが、やはり脂質摂りすぎですね。

まぁ、日本人の食事摂取基準では、糖質をエネルギーとする前提で書かれていますから問題ないと思われるかもしれませんが。。

少なくともアトピーさんには、上記引用に書かれているとおり、オメガ6系油脂の過剰はアラキドン酸カスケード(炎症の化学反応)を助長すると思いますので摂りすぎには注意が必要かと思います。

野菜類にはオメガ6系油脂と拮抗する働きを持つオメガ3系油脂を多く含むものもあるようですが、断糖肉食だと野菜ほとんど食べませんから・・・

野菜から摂れるオメガ3系油脂なんて、微々たるものかもしれないけど、抽出されたものは、その時点で酸化が始まるから、どっちもどっちかなぁと思います。

摂るなら安全という意味で最高級品のものを選んだほうがいいかなと思います。遮光瓶に入ってないものとか論外です。

 

あぁ、まだ書きたいことあるのに時間が足りないのでわけます。。0時には寝るつもりでしたorz

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA