部分脱ステ1ヶ月目(39日目)~アトピー画像

スポンサーリンク

久しぶりに15日に更新できます(笑)

先月の画像はこちら

 

【はじめましての方へ】

1年8カ月と20日脱ステし、減ステに切り替えました。(辞めた時のブログはここ

減ステに切り替えたものの、ステロイド塗布部分は鼠径部のみで、他は脱ステ状態を継続しています。

 

今月は、地味に、どのくらいのペースでステロイドを使っていくことになるのか?を見てました。

週に2回の塗布でキープしていけそうです。

実際には、ツルツルでアトピーとは見ても触ってもわからない状態をキープできているのではなく、うすーく赤味のある状態がキープできてる感じです。

 

前回の記事で書いた、2週間ほどステロイドを塗り続けることによって、皮膚内部の炎症までしっかりと鎮められれば、湿疹は再発しにくい?という標準治療?の説は難しいなと感じています。

なぜかというと、私の場合、「鼠径部」という1つの場所をとっても、炎症が深いところと浅いところがあり、目で見て表面に炎症がなくなったとしても、皮膚内部まで目で見て確かめられるわけはないので、その判断が難しく、現実的とは言えないんじゃないでしょうか。

目で見て確かめられるわけでもないのに、一概に2週間とか1か月とかの塗布期間を設けられて塗るというのは、本当に炎症がおさまりきるまで塗れたのかどうか、確かめる術がありません。

私の場合、1か月も塗ってませんので断言はできませんが、通常の皮膚のターンオーバーは真皮から角層まで2週間、角層から表皮まで2週間かかるので、完全に炎症を鎮め切ろうとするなら、最低1か月は塗らないといけなかったのかもしれません。(しかも年齢によってターンオーバーの速度は異なるので、それ以上の可能性も)

そもそも炎症ってどこで起きてるのでしょうね。

表皮で起きているなら、表皮ってわずか0.2㎜ほどの厚さしかないので、掻き破ってしまえば炎症は取り除けるはず。まず、表皮だけの問題じゃないと思います。

さらに自前のステロイドホルモンは確か、細胞内の核まで到達するものだったと思うので、角層ではすでに核が抜けてますから、やはり真皮以下でしょうね。

うーん、さらに1か月塗り続けてみるか・・・こわいなww

 

ということで、今月の写真です。先月とあま変わらないです。

お腹のぷつぷつはできなくなりました。色素沈着だけ残ってます。

首のニキビは相変わらずです。めっちゃコメドとれて気持ち悪いです・・汗

あとは特筆することはないですね(;´・ω・)

では、画像どうぞ。

 


ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA