2・終)部分脱ステを辞めたわけ

スポンサーリンク

前回の続きです。

 

そして食事面について、カウンセリングを受けて、油との付き合い方がベストではなかったことが判明しました。

植物油はとっくの昔(もうすぐ2年たちます)に辞めてますが、その代わりにラードを使ってきました。ラードを選んだのは、娘がアレルギーのためバターを使えなかったからです。

それとココナッツオイルは、ホルモン攪乱作用があるという説もありますので、どっちか分からないものは使いたくなかったんですね。

 

動物性脂肪は、飽和脂肪酸主体の脂ですが、リノール酸も含まれています。

特にラードは、リノール酸は多めです。

これは知っていたのですが、じゃあ1日トータルでどのくらいのリノール酸を摂っているのか?この認識が甘すぎました・・・

断糖肉食をしていたときのような、このときのように直接オイルを飲んだり食べたりはしなくなってましたがw、「油=腹持ちがいい」という体感が、適度に脂は必要だと思っていて、調理に使う分にはあまり抵抗なく使っていたんです(-_-;)

ガバガバ使ったりはしてないんですけど・・

それと、お菓子に使われている油脂について、バター100%のものとかは食べてました。

バターはリノール酸がすごく少ない脂ではあるんですが、お菓子に使われている量って食事の量よりも半端ないですよね・・・

そもそも、その辺のスーパーに売られているバターやお肉たちは何を食べて育っているのか???・・・・リノール酸の多い餌を食べているのですよ。。。

スーパーで売られているバターやお肉を食べるのなら・・・調理法を工夫し、可能な限りオイルカットするほうが正解だったというわけです。

(※もちろん、自然な餌を食べて育った食材を食べるのがベストです!)

・・というわけで、現在はできるだけオイルカットする調理方法で、調理油を使うときはココナッツオイルを使用しています。

(ココナッツオイルの不安はとけました!)

 

量は多かったとしても、植物油を使っていたときより断然マシだと思っている(思いたいw)のですが、この2年、リノール酸の摂りすぎ状態だったとしたら・・・嗚呼、この2年、私は何をしていたのだろう・・・(愕然!)

・・・というので、心折れかけた( ^ω^)・・・というのも理由の一つ。

 

 

んで、まだあるんですが(笑)

これまたカウンセリングで、「肝臓の数値がよくない」と言われまして、これは昔に通っていた脱ステ医(脱ステしてなかったけどw現在は閉院)にも「脂肪肝だ!」と言われたことがありまして(当時大学生)。

自宅に帰って自分で調べてみても、よくなさげ。

今手元にある血液データは、病気のときに採血したものなので、どこまで当てになるのかわかりませんが、肝臓が悪い可能性があるということは、もっとずっと重く受け止めねばならないことだったようですww

 

肝臓は解毒の臓器と言われますが、解毒だけでなく、体の中のさまざまな仕事を請け負っています。現在判明しているだけでも500種類以上らしいです。

(例)

  • 糖、たんぱく質、脂肪の代謝
  • ホルモンの前駆体であるコレステロールの合成
  • 解毒
  • 胆汁の分泌
  • 乳酸からのグルコースの再合成(コリ回路)
  • アンモニアを尿素への変換
  • 薬物・アルコール代謝
  • ケトン体の合成
  • 造血機能
  • 鉄吸収の調整
  • 活性型VDへの変換
  • エストロゲンを取り除く

(Wikipediaより)

これだけの仕事能率は低下しているとなると大問題ですよね。

崎谷医師のいう不飽和脂肪酸の解毒も肝臓で行われるようなので、肝機能が低下しているのに脱ステを行っても解毒処理ができないということになります。(肝臓でできないなら皮膚から出されるのかな?ということは無駄な炎症に苦しまねばならないということですよね)

まぁ、結局ステロイドを塗ることで、体内に酸化コレステロールが蓄積するのなら、これも解毒処理が必要になるので、どっちもどっちなのかもしれないですが。

どちらにせよ、肝臓が元気でないのなら処理できないままです・・・。

 

 

そして肝臓にからめて、最後のひとつ。

脱ステは炎症に苦しむことになりますが、その炎症の強さからくる痒みはかなりのストレスになります。

ストレスを感じると、体はそのストレスに対抗するためにエネルギーを必要としますので、アドレナリンとかコルチゾールなどの血糖をあげるホルモンを出します。

このコルチゾールってもったいなくないですか?

ストレス回避は必要ですが、この社会で食っていくには何らかの仕事をしないといけないし、ストレス回避は現実的にはかなり難しいです。

しかもアトピーで全身痛くて動けない体です。生きてるだけでもかなり頑張っていますし、ストレス状態です。

もう出ないコルチゾールを、ストレス対抗のためにさらに振り絞って、もしかしたら副腎疲労(アドレナルファティーグ)にもなるのでは??

ならば、かなりの悪循環に陥ることにもなります。。。。

これってどうなんでしょうか?

 

Vanillaさんは言ってあることなんですが、「体は間違えない」。

きつい炎症も、猛烈な痒みも、不快な浸出液も、体は治すためにそういう症状を出しています。それで正解です。

だからやっぱりステロイドを使うことはよくないのかもしれません。

 

でも、脱ステに挫折して、またもう一度脱ステする気力は、今はまだありません。

できるだけ体の状態を底上げしてから、そのときにまた気力が充実していたら、再チャレンジも考えますが・・・どうなるかはわかりません。

 

とりあえず今は、体内の脂肪酸の入れ替え、肝機能UPに取り組みたいと思っています。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA