最近読んだ本

スポンサーリンク

今までは栄養療法をされている先生方のFacebook等の投稿をチェックして、自分でも調べてみて・・というやり方が多かったのですが、

その方々が投稿してる内容は、その方の視点のフィルターがかかってるものなんですよね。

人は無意識に自分のほしい情報を拾って読むものなので、いくつか違う視点から調べていると、「えー、これをこういう風にとったのか~」ということがチラチラあって、けっこう(言い方が悪いですが)自分の都合のいいように読んでしまうものなのだなーと痛感するようになりました。(もちろん自分も含めてね)

自分の知識や理解の範囲をこえる内容は、同じ本を読んだとしても読み取れないものですね。だから後で読み返したら、昔読んだときよりも学ぶことが多かったという感想があるんですね~

 

これからもチェックしてる先生方の投稿内容は参考にさせていただきますが、自分自身も情報収集の仕方を改める必要性を感じてきたことで、なるべく本を読んでいくようにしていこうと思いました。

 

・・ということで、最近読んだ本たちです。

 

まずは、これ。

いつでるのかな~とずっと待ってた崎谷先生の最新刊です。常に考えが変わられてるようなので、ずっと今はどうなのか気になってました( ´艸`)

●「プーファ」フリーであなたはよみがえる!~生命場を歪ませるアルデヒド

崎谷博征著

スケジュールの関係でかなり急いで読んだので、またじっくり読みたいと思ってますが、「プーファ」つまり「長鎖不飽和脂肪酸」について書いてあります。

このプーファが体内でどのように悪さをしているのかが書いてありますので、植物油脂を避けている方はぜひ読んでください~

 

 

次は、Vanillaさんのブログにも出ていたサプリメントの会社の田村忠司さんが書かれている本。(ブログにのってたのはだいぶ昔ですけどね)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サプリメントの正体 [ 田村忠司 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

 

 

サプリメントの会社されてるのに、サプリメントは飲むなと言っておられます(笑)

ずっと読んでみたいなと思っていたのですが、サプリ飲めなくなると嫌なので読みませんでした(笑)

なので、栄養療法にサヨウナラを決めたので、やっとこさ読んでみました。

結果( ^ω^)・・・

「サプリやめよう」と思いました(大笑)

サプリメントについてはざまざまな意見があるので、このブログにも何度かは書きましたが、あまり積極的に紹介したりしなかったつもりです。

サプリメントには原料の問題、その抽出加工の問題、不純物の問題等ありますね。

やたらとサプリを信用しすぎることで、逆に体調を崩す可能性を危惧されています。

それと栄養療法でやってるメガビタミンについては、崎谷先生もVanilla先生もおすすめしてないようです。

私も不自然に大量に摂るビタミンってどうなの?と常々思っていて、サプリメントの購入はしても、割れる錠剤は3~4分割して飲んでいました。(それでも多いんですけど)

著者の田村さんについて詳しくないのですが、栄養療法の知識もあるようで(そういう病院に売ってあるんでしょう)、こういう症状にはこういう栄養素を・・という内容も書かれていて勉強になります。

これからは食品で摂れる努力を(今までもしてきましたが)さらに積極的にがんばりたいと思います♪

 

 

3冊目は、内分泌かく乱物質(主にエストロゲン様物質)について触れた本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

奪われし未来増補改訂版 [ シーア・コルボーン ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/8/13時点)

 

1900年代前半から蔓延するようになった内分泌かく乱物質によって、地球の生命体に何がおこっているかが書かれています。

内分泌かく乱物質は日常生活にあふれていて、主なものは農薬、プラスチック容器、殺虫剤などです。石油由来の化学物質です。

有名な化学物質名としてはダイオキシンやビスフェノールA、PCBなど。

これらが体内の取り込まれることによって、ホルモンをかく乱し、自然界の生物たちは生殖機能を失ったり、奇形が現れたりしています。

人間でも不妊で悩まれている方は増えているように思いますが、この影響なのでは?と思えてなりませんね。

これら内分泌かく乱物質については、動物実験では明らかな結果がでているものの、人間で実験するわけにもいかず、さらに因果関係が証明しにくかったり、こういう化学物質を規制すると経済活動にも影響がでることから、見過ごされています。

自分自身を守るためには、自分で知識をつけて身を守る他ありません。

本の中には「免疫系も乱す」と書かれてあります。アトピーという言葉は一言もでてきませんが、無関係ではないと思いました。

正直、環境汚染があるので、完全に避けきることは不可能です。が、だからこそ、避けられるものは避けないと、自分だけの問題でなく、子々孫々の問題になります。(妊娠中や母乳で移行することが分かっています)

 

 

以上、最近読んだ本たちでした☆

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA