【memo】最近の体感・・

スポンサーリンク

娘の誕生日旅行中です(^w^)

キャンピングカーの旅です(⌒‐⌒)

さてさて、とりとめもない雑感、メモです。

その1▽▽▽

健常人の、厳格な糖質制限はもう終わりだなと思っています。

肉食系糖質制限食の流行りのピークも時期に過ぎるのではないでしょうか。

・・・・・(;´Д`)どうかなw

代謝経路に、糖代謝が備わってる意味、糖新生機能がある意味はなんでしょうか。

糖質過多は、もちろんよくないと思います。

どんな糖質を、どんな風に、どのくらい食べるのか

食べる人の年齢、生活習慣、運動量などは?

みな一同に糖質ゼロを目指すのはどうかなと思います。

最近ちょっとずつ糖質量を増やす試みをしています。

米は食べませんが、果物やサツマイモなど。

アトピーさんの糖質の許容量は大きくないようですが、実験中。

その2▽▽▽

今、肉200g、たまご2こ、牛乳500mlを1日に摂るべき量として食べています。

ですが、この量は減らせるのではないかと思います。

断糖肉食の食べ方では、これ以下に減らすとお腹が空きやすくなり難しいです。

糖質と組み合わせることにより、腹持ちがよくなり減らせるのではないかと思います。

(必要なタンパク質・脂質は摂る前提です)

動物愛護精神はありませんが、エコには興味があるので無駄な食べ方はしたくないです。

でもアトピー優先で考えても、もうちょっと減らせるのではないかと考えています。

その3▽▽▽

牛乳実験ほぼ終了です。

1日500ml以上を飲み続けて便通の変化を見ていました。

飲まないより飲む方がいいけど、牛乳だけに頼るのは難しい、というのが私の答えです。

食物繊維がいいとか、牛乳がいいとか、便秘にはアレコレいろんなものがいいと言われています。

ですが私は何か根本的なことを見落としていた気がします。

糖質量の話と同じことですが、その人の姿勢、運動量などの生活習慣など・・

食べ物に頼る前に、自力で便を出す力を整える・鍛えることをすっ飛ばしていたように思います。

かつて子供の頃、わたしは1週間に1度しか出ない便秘でした。確か中学のころです。

ヨーグルトなど、あれやこれやと試しましたが、今に続いている一番効果のあった方法は、出そうになくても毎日同じタイミングでトイレに座ることです。

そして出そうと少しでも思ったら迷わずトイレに行く!5分座ってても出なかったら諦めてよし・・

菜食時代は毎日でしたが、今でも2~3日に1回は出ます。

もうちょっといろいろ模索しがいがありそうです。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA