かさぶたは剥がさないほうがいい~サラシはおすすめ!

スポンサーリンク

今日読んでいた脱ステのブログで、瘡蓋は剥がさないほうがいいと書いていました。

説明を読んで、よく考えてみると確かに・・

理屈としては、浸出液にはたんぱく質を多く含む栄養がたっぷり含まれているので、その浸出液を傷口に固めて修復をしてもらうんだそう。

確かに浸出液は、組織液(間質液)であり血漿であるので、栄養たっぷりですね。

ちょっと恥ずかしいのですが(笑)

私は、毛を抜いたり瘡蓋や皮を剥いたりするのが好きで(笑)

ポコッとできてる瘡蓋をみると剥がしたくてウズウズするんですよね~

なのでサラシで固めたのを無理に剥がしてはなりませぬ。。

ずっと、浸出液には悪い成分(痒みを誘発するような)があるから、外に出よう出そうとして出るんだと思ってましたが、

その部分にある炎症を治そうとして浸出液が溜まってくるのかもしれないですね~

(浸出液は悪者だと思っていたら実はイイ奴
だった・・みたいなっww)

・・・となると、炎症って具体的にどこで産まれるのでしょう??

う~ん、これって実はかなり初歩的な知っとかないといけない部分のような・・

掻いて掻いて、浸出液や血を出せば出すほどいいのかと思いきや、そうでもないような感じでさじ加減が難しいです。

サラシで浸出液を固めると、治りが早い気がします。

視界に入らないので、皮を剥きたくならないしはがすと超絶痛い目にあうのはわかっているのではがすわけないし、いいです。

幸いにもなぜがあまり痒くもならないのですよねぇ~

無意識に、今痒くなっても掻けないとわかっているのか、2~3重に巻いているので、やや固定ぎみで指が動かせないからなのか。

やはり外気に触れるというだけで、皮膚にはかなりの刺激なんでしょうね。

妊娠中、妊娠性痒疹とかPUPPPとかいう、かなりキツかった症状に見舞われたことがありますが、空気に触れるだけで痛かった覚えがあります。

ちょっと仰々しくて、通ってる整骨院では「どうしたんですか!?」なんてやたら心配されますがww

あと、いい点として、やさしい保湿効果があります。

ラードがちょっとピリピリする気がして(割りと健康な皮膚にはいいんですが)、医療用の精製されたプロペトのほうが優しいかも?と思って塗ってみたんです。

それが大間違いで、直後に凄まじい痒みに襲われたのですが、やっぱりワセリン(プロペト)は馴染まずにベッタリ患部を覆ってしまうので皮膚呼吸を阻害しますし汗腺など塞ぐのでダメですね。

※プロペトとは、ワセリンをさらに精製したもので、ワセリンより柔らかく馴染みやすいです。ワセリンと比べてベタベタしづらいです。

荒れすぎた肌には乾燥は辛すぎますね。

浸出液で潤いすぎ?のあとは、バリッバリに乾燥しますから、それがピリピリして余計な刺激になります。

サラシはどこにでもありますし(ベビー用品店で腹帯としてありますよ)、ひと巻き買えば長く使えます。

わからんけどガーゼより安そう。わからんけど。

難点は目立つことですね(笑)

まだ使ってないけど、ホームセンターで綿100%の手袋も買ってみました。

患部の指のところだけ切って使おうかなぁとか考え中です。

(全部覆うと暑苦しいし手が洗えなくて不便なので)

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA