スイーツ見てもなんとも思わなくなった。

スポンサーリンク

ちょっと前のことになりますが、肉食系糖質制限を始めてから3ヶ月目のころ、「あ、さらに糖質中毒を脱したな」という感覚がありました。

糖質中毒を治そうとすると、私的に最初の1週間がまず一番辛く、その次に1ヶ月目、そして3ヶ月目でした。

最初の数日は、本当に食べたい食べたいの葛藤で一番つらい時期です。

マクロビやってた頃も何度も白砂糖断ちに挑戦しましたが2~3日でほぼ挫折してました。

でも動物性を食べながらだと、栄養状態が整ってくるので、最初の1週間をなんとか乗りきり、1ヵ月我慢できれば、とりあえず糖質中毒を離れることができると思います。

1ヵ月の時点では、食べなくても平気だけど目の前にあれば、どうしようかなと迷ってしまったり、一口くらいいいかなと思ってしまったり。

誰かが横で監視してれば食べないけど、一人だと迷う・・こんな感じでした。

食べざるをえない状況だとちょっとうれしかったり・・(笑)

2ヵ月たつと、今まで我慢してきたことを無駄にしたくないという思いもあって、スイーツを食べてしまったとしても、また翌日から頑張ることができるでしょう。

3ヵ月たつと、私の場合、スイーツを捨てることができました。

見てもなんとも思わない。

買ってきてくれた人には申し訳ないけど、気持ちだけいただいて、自分の分はこっそり捨てて食べたふりをしておきました。

冷蔵庫に入っていても「あるんだ」くらいでなんとも思わない。

捨てるとか食べ物無駄にする罪悪感はありますけどね。

そして、今までずっと、だいたい一定量のお肉を食べてきたのですが、ここ最近肉が同じ量なのに物足りないです。

体の修復が進んできて消化力もupしたのでしょうか。

もっと食べた~い!!

あ、脂質(バター)をほとんど食べてないのもあるかもですね。

調理に多目に使ったり、ときどき飲むデカフェに入れてバターコーヒーにしたり、くらいなので。

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA