終・3)アトピー対策におすすめの運動4つ+さとう式&YURUKU

私の考える、アトピー改善に効果がある運動のポイントを前回の記事で書きました。

今回は個人的におすすめしたいと思う運動を、具体的に4つご紹介します^^

私のスペックが運動経験なし、運動きらい、運動音痴という低スペックなので、運動が好きで抵抗ないです!という方は好きな運動をしたらOKだと思います^^

続きを読む 終・3)アトピー対策におすすめの運動4つ+さとう式&YURUKU

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

2)アトピーに効果的な運動

前回の記事の続きです。

私はアトピーにおすすめの運動は、ある程度筋肉負荷のかかる運動だと前回お話ししました。

それに加え、「ある動き」が必ず含まれる運動がいいと考えています。

そう思う理由について書いていこうと思います。

続きを読む 2)アトピーに効果的な運動

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

1)筋トレと運動を始めました~血糖コントロールと循環

つ・・・ついに、このわたしがっっ・・・!!

運動を始めました°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

Twitterさかのぼったら6月7日から始めてて、3週間くらい?

・・と言いつつも、生理と体調不良が重なって、ここ5日くらいできてないんすけどww(軽い筋トレくらい)

 

今日お話しする運動については、栄養状態悪い人にはすすめません(キッパリ)

※ちゃんと血液検査データで大丈夫な人だけ参考にしてください。

栄養状態悪い人がガンガン運動すると、身体がストレス状態になって異化(分解)がすすみます。せめてウォーキングくらいにしてくださいm(__)m 症状きつい人はやらなくてOKだし。スポーツ好きでそれがストレス発散になるならやってもいいかな^^(私はならないw)

 

続きを読む 1)筋トレと運動を始めました~血糖コントロールと循環

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

生活強度を上げる&筋トレ

充分な栄養を摂取しようとすると、カロリー余りになって太ると分かったので、いろいろ運動方法を模索していました。

ただ、どういう目的・効果を狙って運動するのか明確にしないと、すべき運動がわかりません。

アトピー改善に効果のある運動・・これを考えるのが難しいです。アトピーの原因がわからなければ検討できないですからね。

ただ、動きまくって、息があがって体温上がって汗をかけばいいのか、

何のために運動するのか、

どこを動かしたいのか、

継続できるやり方は、

糖質エネルギーをより使うのは、

無酸素運動と有酸素運動の違い・・

などなど・・

○全身の循環をよくすること。

○なかでも症状がでている付近の筋肉を特に動かすこと。

○筋肉を使って、糖エネルギーを消費すること。

この辺を重視したいと考えましたが、そうなると、結局、有酸素運動も筋トレも両方しなくてはなりません。

それでは“継続性”が落ちてくるので果たしていつまで続くやら。。

育児中につき、できる運動も限られます。

そうなると、

何よりもまずは、「姿勢を正すこと」

それだけで関節の可動域や体の凝り方、呼吸の深さ、地面にシッカリ足がつく感じなど、体の筋肉の使われ方が全く違うと感じます。

そして、いろんな部分の筋肉を動かすためにウォーキングでもしたいところですが、これは子連れでは難しい。

なので天候関係なくやれることとなれば、「日常の生活強度を上げる」に落ち着くのかなと思います。

家事をたくさんしたり、いつも車で買い物に行くところを徒歩で行くなど。

ウォーキングなどの強度の低い運動は脂質をエネルギーに使います。家事も同じだと思います。

全身運動なので偏りなく動かせる。

家事だと前傾姿勢が多いと思うので、ときどき体を伸ばしたりしながらやればいいかなと思います。

ただし問題は、こういった負荷の少ない運動は体の循環がよくなるのもそのときだけ。持続性がありません。

毎日継続しなければならない。

そうなると、やはり筋トレも必要になってくるかなと思います。

筋肉がつけば、基礎代謝が上がる筋トレ。

強度が強ければ強いほど糖質を消費する。

しかも負荷が大きければですが、回数少なく短時間でいいのです。

効率よく筋肉をつけるには、週3回15~40分くらいでできるよう。

筋トレなら自宅でできます。

ま、運動キライなヘタレな私がきついことをできるかってとこですかね。

しかし問題は、筋肉も使わなければ衰えていきます。

こうくると、やっぱり日常の生活強度を上げるのが一番実用性があり効率よく運動できると思います。

現代人は間違いなく生活強度が低く、筋肉が衰えていると思うので、基礎代謝を上げるためにも多少の筋トレは太りたくなければ必要だと思います。

この記事は腹筋しながら書きました(笑)

ちょこちょこ動きをいかに取り入れていくかですね。

目標としては、

○毎日部位を変えて(同じ筋肉を鍛えるときは3日以上の間隔を空ける)軽めの筋トレをする。

○毎日掃除機をかける。
子どものおもちゃが毎日散らばっているので、けっこう動きます。
てか、掃除機毎日じゃないのかよって感じですが、シッカリかけるのは2日に1回で、ちょい掃除はスティック掃除機でオモチャもどかさずザーッとするのて(笑)かなりずぼらです(笑)

○なるべく買い物は徒歩で行く。

まずは生活強度を上げて消費カロリーを増やし、太らないことを目標にします(笑)

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

アトピーさんは糖質の代謝が苦手なのかも&ウォーキングより筋トレ

ふと、思いついた。

いろいろあるアトピーの原因説。

糖質の代謝がうまくいってないとすれば、けっこうな数の原因説がつながるなと。

・腸内細菌が少ない
・ビオチン療法がきく
・糖質がよくないのは間違いない
・アスリートにアトピーなし
・運動がよい
・オリゴ糖がよい
・ヨーグルト(乳酸菌)がいい

すぐ思いついたのこれらだけど、全て糖質に絡めて説明できる。

腸内細菌が少なければ、腸内細菌によるビタミンB群の生成は少ない。

ビタミンB群が足りなければ糖質の代謝に必要なビタミンが足りない。

オリゴ糖は難消化性の糖質のうえ、善玉菌の餌になるので、よい腸内細菌が増える。ふえるとVB群が生成されるし、便通もよくなるし悪玉菌も減る。

乳酸菌も腸内環境改善のため。

ビオチンはVB群の1つ。

無酸素運動は糖質がエネルギーとして使われるので、糖質が消費される。

筋肉が使われれば、血流やリンパの流れがよくなり、自律神経が整い、成長ホルモンの分泌も促進される。

さらに筋肉がつけば基礎代謝も上がり、さらに糖質の代謝が行われやすくなる。

(ちなみにウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪をエネルギーとして消費する)

こんな感じ。

アトピーに運動がいいといっても、どんな運動がいいのかは、運動キライな私にはサッパリで調べようともしなかったのですが。

とにかく、まず、今の生活が車移動で歩かない(幼稚園の送迎くらい、子供の足で徒歩10分w)ので、

運動とか言う前に、日常生活での動きも少なすぎるので・・なんとかしなければ。

エネルギー余りすぎなんですよね、きっと。

アトピーさんは患部が痛いから、なおさら動きたくないしね。

漠然と、ウォーキングとかの全身運動が循環よくなりそうだけど、

長期的にみれば、筋トレして糖質を消費しつつ基礎代謝もあげるのがいいかもと思う。糖質を代謝しやすい体ができそう。

有酸素運動もいいんだけど、効果は持続しないから毎日しないといけない。

でも筋トレであれば週3日30分~1時間以内でできる。コスパよし。

ただし、簡単な筋トレでは糖質が燃えないので重りを使用して負荷をかけないといけない。

ジムでベンチプレス的なのが最高みたいだけど、私みたいなヘナチョコ(笑)は、まずはダンベルからでもいけるんじゃないかと思う。

雨でも自宅でできるし、子供がいてもできそう!短時間でいいし!

いよいよ運動が避けて通れなくなってきた・・・(;´Д`)ww

ちなみにムキムキになるんじゃないかという心配は無用っぽい(笑)かなり努力が必要らしい(笑)

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ