代替医療師vanillaさんのアトピー概論

スポンサーリンク

昨日、代替医療師vanillaさんの、アトピー概論を受講してきました。

お祖父母さまやお父さまを医師に持ち、vanillaさん自身も医師の道を選ぶことはできたようですが、環境により西洋医学に限界を感じ、ホメオパシーなどホリスティックなほうに研究をされているようです。

vanillaさんの親友や、ご主人がアトピーで、そのために勉強を積み重ねていらっしゃって、とてもためになる話でした。

ホメオパシーとか、私は詳しく知りません。

ホリスティックという言葉の響きからして、フワフワとした、マクロビような科学的根拠のないようなことをいうものなのかというイメージもありましたが、どうやらそんな感じじゃないようなので話を聞きに行こうと思いました。

私は単発枠で受講しましたが、それ以外の方はトータルで140時間以上の授業を受けます。

もちろんアトピー概論の講義の前には、生化学や免疫学など、基礎の部分も学習されてます。

なので、単発で受けた私には内容が難しく、理解できなかった部分も少なくありません(*_*;

それでも、とっても収穫のある授業でした。

糖質の代謝がアトピーさんには問題があるんじゃないかと考えていたのは、ビンゴでした!(笑)

だからといって、糖質が摂れない・摂ってはならないというわけではありません。糖質は必要なものです。

糖質を摂らなければ全て解決!というような、そんな簡単なものではありませんでした。

ここは生化学のお話が基礎にあって、事前にちょっと勉強していたからわかったものの、わからなかった部分もあり、うまく説明できません・・・(;´Д`)

自分の経験からいっても、ただ脱ステするだけじゃ治らないと思っていましたが、やはりそうでした。

本当の意味での健康体になりたいなら、脱ステは避けて通れない道だけど、脱ステするまでに、それに耐えうる体にしないと中毒症状で死ぬ人もおり危険なことです。

その脱ステに耐えうる体に持っていくのも簡単ではなくて、数年かかるそうです。

今の一般的にいう健康的な食事には、いくつか根本的に間違っていることがあり、それを摂り続けている限り健康な細胞というのは作られず、体内は過酸化脂質だらけで炎症とは縁が切れません。

私はケトプロ食を始めるときに、それを食べるのは辞めたので、体験で理解できました。

・・というより、断糖肉食を知っていれば、そこでよく言われていることでもあり、私もこのブログを始めた初期のころに言っています。

当たり前のことすぎて、栄養のことばかり書いていたので全く伝わってなかったかもなと思ったので記事を書いてみます。

とりあえず、藁をも掴みたい人はたくさんいると思うので先に言っておくと、

「植物油は今すぐゴミ箱に捨てるべきです」

かな。

かなり前にブログに書いたんだけど、油は細胞膜の材料です。

どんな油で細胞膜を作るのか。

これだけで細胞の質が全然違うんですよね。

私のアトピーが改善したのは、栄養欠乏を改善したことと、油を変えたこと、糖質を減らしたこと、です。

長くなってしまうのでこの辺で。。

有意義すぎて余韻に浸ってます(笑)
あー、また行きたい。

アトピーのくせに、アトピー絡みの勉強が面白すぎてww

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA