終・2)YURUKUウォーク入門&認定講座に行ってきた~さとう式リンパケアとの違い、感想

スポンサーリンク

image

(テキストの裏表紙に直筆サイン入り認定証~( ´艸`)

さてさて、続きいきます~

前回の記事はこちら↓

YURUKUウォーカー&認定講座にいってきた~YURUKUウォークを選んだわけ

残念ながら有料講座なので、どんなことを教わったか、その具体的な内容は書けないので、感想をUPしますね~。

結論からいうと、お高い講座だけど、今のところおススメです!

 

まず、期待する方がほとんどでしょうが、最初から歩き方の指導はありませんww

入門講座で重点を置いてるのは、正しい姿勢(特に上半身の)です。

入門講座では、ウォーキングの指導は全くありません(笑)

 

でも、全然いいんです。

だって、姿勢が悪ければ歩けないのです。

姿勢あってこそのウォーキングです。

 

わたしがさとう式リンパケアで肩こりが解消しても、その効果が長く続かないな~と感じていた原因は、おそらく姿勢が悪かったからだと思います。

とはいえ、わたしは姿勢いいねといわれるほうなのですよw 頭混乱しますよねww

一般的ないい姿勢と、YURUKUのいい姿勢はかなり違います(笑)

それと、誤解のないよう言いますが、さとう式リンパケアで効果が長続きしないとは言っても、マッサージとかよりは長く続きますよ(笑)

いくらケアで筋肉がゆるめられても、悪い癖の姿勢をしていれば、あっという間に元通りなんです。

5分のケアで、その他の23時間55分を快適に過ごそうなんでムシの良すぎる話ですよね?(笑)

筋肉をゆるめ、いい姿勢のバランスを体に慣れさせることで、だんだんよくなっていくのではないかと思います。(先生もそう言ってました。Noriko先生はもう体が整っているのでケアをしておらず、歩くだけで筋肉をゆるめているそうです)

 

なので入門講座では、上半身をゆるめるケアと、座位・立位のバランスのとり方を指導する内容になってます。

いかに、一般的にいい姿勢といわれるバランスが、体に負担をかける悪いバランスなのかを体験できます(笑)

 

そして認定講座ですが、こちらは下半身をゆるめるケアとウォーキングの基本バランスの取り方を指導する内容になってました。

残念ながら、細かい脚の運び方までは指導に入ってません。

しかし。。それだけ体のバランスの取り方が重要ということですよね。

踵から着地して、体重移動させて・・という細かい内容はありませんでした。とにかく上半身と下半身のバランスを取って歩くかを重視しているようでした。

 

入門&認定を受講後、もっと深めたいと思えば、インストラクターコースを受講することになりますが、これまた高額なので、やはり、かなりバランスの取り方が脚の運び方よりも重要ということなんだろうな~と思います。

これができてこその脚の運び方なんでしょうね。

今は子どもの預け先がないので、今年は無理かな~と思いますが、いずれ受講したいな~。。それまでにとにかく姿勢のバランスを体に叩き込まなくでは・・ww

 

で。ある意味問題だった、ゆるめるケアの面倒さなんですが、

YURUKUウォークでは、さとう式リンパケアの考えと『筋肉をゆるめる』という目指すところは同じなんでしょうが、やり方は違います。

Noriko先生が、オリジナルに改良して、より簡単に続けやすくしているようです。

 

さとう式リンパケアよりもすごく簡単です。個人的には、効果が多少薄くなっても簡単に気軽に続けられるほうがうれしいので、YURUKU式のほうが合ってるかな~と思いました。

さとう式リンパケアでは、例えば人前でするには多少恥ずかしいと思う動きをしますが、YURUKU式ではひっそりとできると思います(笑)

ちょっとした待ち時間とかにできますね。

子どもを寝かしつけながらもできるので、本当にありがたいと思いました。さとう式のシェー体操は脚をワシャワシャ動かすので、子どもが寝なくなるのでできませんが、YURUKU式では音が出ないのでできます~^^

個人的にはこれがすごくうれしい。寝かしつけの時間って寝たふりするだけなのでヒマなんですよね~( ´艸`)ww

こうやって、『ながら』でやってると、ならったことほぼ全てコンプリートできるんですよね。先生はそんなにストイックにやらずに、自分に必要だと思うケアをやればいいと言っていましたが。

さとう式のケアは、結局毎日やってるのは耳たぶまわしだけという状況になってしまってましたので、ながらでやって下半身のケアもできるようになったのはすごーーくありがたいことでした。

さとう式のさとう先生は、耳から全身つながっているということを言っておられるんですが、(意図が違うかもしれないけど)脚って地面と接地しているので、脚に変な癖があると上半身をゆるめても戻りやすいんじゃないかという感覚がずっとあって、

上半身のケアと下半身のケアを同時にすることが、いい状態を長続きさせるコツなんではと感じていたので、それができるようになって、今後の変化に期待したいと思います。

 

実際の積極的なウォーキングは、下の子が入園する来年に期待したいと思いますが、家でもできることをやってみようと思っています(*’▽’)

足踏み運動とか階段昇降とか、できることはありますよね~

 

 

で、講座が終わってから5日たちますが、やはり姿勢のバランスを変えると、ケアでゆるめた筋肉の状態が長続きしてると実感してます。

さとう式の大腰筋を緩めるシェー体操では、うまくゆるめられず、ゆるんでるんだかわからなかったのですが、

YURUKU式ではゆるめられた実感がハッキリあって、しかも就寝前にやって翌日の就寝時でもゆるんだままで持続できています!

daiyoukinn

(大腰筋というのはここです↑)

画像元:http://daiyoukinn

 

私は仰向けに寝ると腰がすごく浮いてしまってたのですが、大腰筋をゆるめるケアをやると腰が下に降りてきます。

お陰ですごく楽に寝られるようになりました!

 

大腰筋は背骨から始まり、大腿骨(太ももの骨)の小転子(内側のでっぱり)に付着する筋肉で、上半身と下半身をつなぐ重要な筋肉です。

しかもこの大腰筋は鼠径部を通っているので、この大腰筋をゆるめ、ちゃんと活用することで、鼠径部の循環を高めて鼠径部アトピーが改善しないかと思っています。

(リンパ液は筋肉が動くことで循環してるんですよ)

 

これからの効果に期待です(∩´∀`)∩おわり

ブログランキングに参加しています。
クリックでテンションあがるのでぜひ♪

にほんブログ村

アトピー性皮膚炎 ブログランキングへ

スポンサーリンク

投稿者:

ayumi

5歳の女の子と2歳の男の子のママしてます。30歳の主婦です。自分自身のアトピー、娘の生後まもなくからのアトピーと食物アレルギー、そして喘息。身体は食べたもので作られる・・ということで、食事法を試行錯誤し続けてきました。4年に及ぶマクロビや菜食を経て重症状態に一歩踏み入れたところで断糖肉食でアトピーを改善し、自分なりに食事研究しながら緩やかな制限に落ち着いています。脱ステとともにアトピーの原因を徹底的に究明しようと決めました。激しい妊娠性痒疹も経験してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA